投資用語集

【投資用語】アセットアロケーションとは

アセットアロケーションとは

資産配分のこと。

  • 国内株式、外国株式、国内債券、外国債券、現金、不動産、コモディティ(金、小麦、原油などの商品)などの配分
  • asset(アセット:資産)と、allocation(アロケーション:配分)を組み合わせた言葉
  • 具体的な株式銘柄や、投資信託の銘柄などの配分を示したものはポートフォリオ

 

アセットアロケーションの使い方

株式はリスクが高くリターンも大きい傾向があり、債券はリスクもリターンも少ない傾向にあります。現金は、債券よりもさらにリスクやリターンが少なくなります。

そのような傾向から、アセットアロケーションにより資産配分を把握して資産の割合を調整することで、リスクを多めにとった積極投資や、リスクを少なくした安定型の投資といった投資戦略を考えることができます。

 




おすすめ記事

1

  たいていのミニマリストは持ち物の数を減らしてスマホに集約という流れのようですが、スマホや携帯すら持たない、プロギャンブラーのぶきさんへのインタビュー記事を先日読み、心惹かれました。 私は ...

2

「能率手帳ゴールド」の中身が、そのままノートになったらどんなに素敵な事だろうかと、能率手帳ゴールドの愛用者なら一度は考えたことがあると思います。 その夢をかなえてくれるノート「能率手帳GOLD MEM ...

3

PlusDiaryでこれまでに紹介してきた「ほぼ日手帳の使い方」をまとめました。 前年12月ページの使い方 ほぼ日手帳を何年も使い続けていると用途に困る、前年12月ページの使い方です。年間を通して閲覧 ...

-投資用語集

© 2021 PLUS DIARY