マネーリテラシー

投資初心者は何からはじめたら良い?

投資初心者は何からはじめたら良い?

投資に興味があるけどどう始めればよいのかわからないという悩みは、たった3ステップで解決できます。

  1. 楽天証券に登録
  2. 旅行に出かけたつもりでお金を入金
  3. 株を購入

STEP1. 楽天証券に登録

楽天証券以外でも良いのですが、まずは証券会社に登録です。

手数料等かかるものではないですし、とりあえず登録する一歩が大切です。

その一歩を踏み出すと、あとは簡単に進みます。

 

STEP2. 旅行に出かけたつもりでお金を入金

旅行に出かけると、2~3万円くらいは使うと思います。

そのくらいの、なくなってしまっても生活に影響がない程度の金額を、証券会社の口座に入金します。

株を売買する場合、証券会社の口座から代金の支払いをしたり、売った株の代金が入金されたりします。

そのため、STEP2は、証券会社の口座に入金です。

 

STEP3. 株を購入

証券会社のWebサイトや、スマートフォンのアプリから株を購入します。

株を購入する場合、「現物取引」をしましょう。楽天証券のWebサイトでは「現物買い」と書かれています。

現物取引は、証券口座に入金されているお金を使って株を購入する方法です。

現物取引のほかに、信用取引などもありますが、証券会社に借金して株を購入するようなものですので、株価が下がったときに大きな借金を抱えることがあります。

そのため必ず「現物取引」をしましょう。

「現物取引」なら最悪でも、入金したお金が無くなるだけですので、なんの心配もありません。

 

まとめ

こまかい手順の説明ははぶきましたが、証券会社に登録する一歩を踏み出せば、「なぜ、長い間躊躇していたのだろう?」と感じると思います。

わたし自身、証券会社に登録するToDoを手帳に書いたまま1年以上躊躇していました。

ある日思い切って登録してみたら、多少手間ではあったものの簡単に登録できました。

株の売買も難しくなくて、もっと早くやっておけばよかったと思ったほどです。

株の売買で大きな利益を出そうと思うと様々な勉強が必要になると思います。しかし、株の取り引きを体験してみることを最初の一歩にするなら、やってみると案外簡単だったと感じられると思います。

 




おすすめ記事

1

  たいていのミニマリストは持ち物の数を減らしてスマホに集約という流れのようですが、スマホや携帯すら持たない、プロギャンブラーのぶきさんへのインタビュー記事を先日読み、心惹かれました。 私は ...

2

「能率手帳ゴールド」の中身が、そのままノートになったらどんなに素敵な事だろうかと、能率手帳ゴールドの愛用者なら一度は考えたことがあると思います。 その夢をかなえてくれるノート「能率手帳GOLD MEM ...

3

PlusDiaryでこれまでに紹介してきた「ほぼ日手帳の使い方」をまとめました。 前年12月ページの使い方 ほぼ日手帳を何年も使い続けていると用途に困る、前年12月ページの使い方です。年間を通して閲覧 ...

-マネーリテラシー

© 2021 PLUS DIARY