文具レビュー

満寿屋ノート「MONOKAKI」の写真付きレビュー

更新日:

満寿屋ノート「MONOKAKI」の写真

三島由紀夫が使っていた原稿用紙のメーカー満寿屋。その、満寿屋のノートがあることを知り、どうしても、実物を見て、触って、使ってみたい衝動に駆られ取り寄せました。

表紙

満寿屋ノート「MONOKAKI」の写真

素材は、越前和紙 羽二重紙を使われているそうです。デザインは、きりえや 高木亮さんのデザインです。

和紙の模様と透き通るような白さが気持ちよく、切り絵のはっきりした輪郭としなやかな線は、見ていて飽きません。

中身

満寿屋ノート「MONOKAKI」の写真 満寿屋ノート「MONOKAKI」の写真

見返しに厚紙を使われています。ノートカバーに入れて筆記する際に、段差が気にならないようにする工夫とのことです。

罫線は9mm17行(B6サイズ) 160ページあります。クリーム色の紙にグレーの罫線は、目に優しく、書き込んだ文字を引き立ててくれそうです。

まとめ

いつも使っている万年筆やボールペンで試し書きしようと思ったのですが、MONOKAKIが、あまりにも美しすぎて、書き込みを躊躇しています。

普段のメモは、MOLESKINEや、ほぼ日のメモ帳に書き込んでいるので、MONOKAKIをどう使うかじっくり考えてから使い始めようと思います。

MONOKAKIを探す→楽天市場

おすすめ記事

1

  たいていのミニマリストは持ち物の数を減らしてスマホに集約という流れのようですが、スマホや携帯すら持たない、プロギャンブラーのぶきさんへのインタビュー記事を先日読み、心惹かれました。 私は ...

2

「能率手帳ゴールド」の中身が、そのままノートになったらどんなに素敵な事だろうかと、能率手帳ゴールドの愛用者なら一度は考えたことがあると思います。 その夢をかなえてくれるノート「能率手帳GOLD MEM ...

3

PlusDiaryでこれまでに紹介してきた「ほぼ日手帳の使い方」をまとめました。 前年12月ページの使い方 ほぼ日手帳を何年も使い続けていると用途に困る、前年12月ページの使い方です。年間を通して閲覧 ...

-文具レビュー

Copyright© 手帳 | PLUS DIARY , 2018 All Rights Reserved.