文具レビュー

RHODIAハードカバーの写真付きレビュー

更新日:

R0012161.jpg

RHODIA ハードカバーは、製本にも使用されるペーパークロスを使用したハードカバーです。

R0012165.jpg R0012166.jpg

ペーパークロスのハードカバーが、化粧箱に入っているので、上質な書籍のようです。サイズは、No.11を選択しました。

R0012174.jpg

ハードカバー表紙には、RHODIAの刻印があります。

R0012178.jpg R0012181.jpg

RHODIAをハードカバーにセットするには、RHODIA本体の厚紙の台紙を、ハードカバーの右側に挟むようにしてセットします(購入した時点でセットされた状態になっています)。

R0012184.jpg

ハードカバーでRHODIAを保護できるので、RHODIAの縦開きの表紙を開いたまま、ハードカバーに差し込んでしまうと良さそうです。

R0012185.jpg R0012192.jpg

書き込んだメモをRHODIAからちぎったあと、ハードカバー左側に差し込む事ができます。

R0012193.jpg

RHODIAに、書いて、ちぎって、ハードカバーに差し込む動作が自然な流れでできるので、気になった事を、1件1枚でメモして、後から書き足したり、ほかのツールに転記したりするのに良さそうです。GTDのInboxとして使うのにも良いでしょう。

紙製で軽量でありながら、落ち着きのある質感のハードカバーは、持ち物をできるだけ軽くしたい場合、とくにおすすめしたいRHODIAカバーです。

価格は、革カバーほど高くない(RHODIA No.11付きで1,800円)ので、多少濡れた手でも気兼ねする事なくガシガシ使い倒せます。家事をしていると、きちんと手を拭いたつもりが、少し濡れてたということは良くあることなので、そういった場所で利用する場合にも、とくにおすすめします。

なお、サイズはNo.11の他に、No.13、No.8、No.16、No.19があります。No.11では小さいという人にも対応しています。

大きなRHODIAに書いたメモを、ScanSnapで読み込んでEvernoteに転送というのもありかもしれません。

ハードカバーが登場したことで、RHODIAの使い方が広がりそうです。気になる方は、ぜひお試しください。

RHODIAハードカバー→楽天市場

おすすめ記事

1

  たいていのミニマリストは持ち物の数を減らしてスマホに集約という流れのようですが、スマホや携帯すら持たない、プロギャンブラーのぶきさんへのインタビュー記事を先日読み、心惹かれました。 私は ...

2

「能率手帳ゴールド」の中身が、そのままノートになったらどんなに素敵な事だろうかと、能率手帳ゴールドの愛用者なら一度は考えたことがあると思います。 その夢をかなえてくれるノート「能率手帳GOLD MEM ...

3

PlusDiaryでこれまでに紹介してきた「ほぼ日手帳の使い方」をまとめました。 前年12月ページの使い方 ほぼ日手帳を何年も使い続けていると用途に困る、前年12月ページの使い方です。年間を通して閲覧 ...

-文具レビュー

Copyright© 手帳 | PLUS DIARY , 2018 All Rights Reserved.