文具レビュー 本・雑誌

COACH 万年筆・MonoMax 2013年1月号 特別付録

更新日:

COACH 万年筆・MonoMax 2013年1月号 特別付録の写真

MonoMax 2013年1月号の付録に、COACHデザインの万年筆が付いています。写真付きで紹介していきますが、この万年筆は、付録とは思えないすばらしい質感の万年筆です。

COACH 万年筆・MonoMax 2013年1月号 特別付録の写真

セット内容は、ペン本体とインクカートリッジ2本です。

COACH 万年筆・MonoMax 2013年1月号 特別付録の写真

装飾のない、なめらかなデザインのペン先。

COACH 万年筆・MonoMax 2013年1月号 特別付録の写真

マホガニーブラウンの軸に、COACHの「ブリーカー シグネチャー」という柄が印刷されています。印刷ですが、光沢加工されていることで、エンボス加工したような仕上がりです。

COACH 万年筆・MonoMax 2013年1月号 特別付録の写真

クリップ部分にはスリットが入っており、引き締まった印象です。

COACH 万年筆・MonoMax 2013年1月号 特別付録の写真

キャップのシルバー部分に、COACHのロゴが型押しされています。

COACH 万年筆・MonoMax 2013年1月号 特別付録の写真

付属のインクはネイビーです。少し太めのペン先でした。

手紙に一言添えるには、このくらいが、ちょうど良い太さです。

COACH 万年筆・MonoMax 2013年1月号 特別付録の写真

COACHデザインの万年筆は、付録とは思えない質感でした。文具店のショーケースに入っていたら、高級万年筆に見えそうなほどです。タグホイヤーの腕時計や、アンリさんの革カバーと並べて写真に撮っても、まったく見劣りしないほどです。

手に持つと、ずしりと重さがあります。ペン軸の肌触りは、印刷のわずかなふくらみを感じるためか、「そこらで売ってる安物の万年筆とは違う」という気持ちになります。

付録のペンですから、良質で高価な素材は使用されていないはずです。しかし、良質な素材を使った万年筆に負けない質感です。この万年筆を創った、COACHのデザイン力のすごさを感じました。

関連商品

おすすめ記事

1

  たいていのミニマリストは持ち物の数を減らしてスマホに集約という流れのようですが、スマホや携帯すら持たない、プロギャンブラーのぶきさんへのインタビュー記事を先日読み、心惹かれました。 私は ...

2

「能率手帳ゴールド」の中身が、そのままノートになったらどんなに素敵な事だろうかと、能率手帳ゴールドの愛用者なら一度は考えたことがあると思います。 その夢をかなえてくれるノート「能率手帳GOLD MEM ...

3

PlusDiaryでこれまでに紹介してきた「ほぼ日手帳の使い方」をまとめました。 前年12月ページの使い方 ほぼ日手帳を何年も使い続けていると用途に困る、前年12月ページの使い方です。年間を通して閲覧 ...

-文具レビュー, 本・雑誌
-

Copyright© 手帳 | PLUS DIARY , 2018 All Rights Reserved.