未分類

ダイアログ・イン・ザ・ダークに行ってきました。

更新日:

ダイアログ・イン・ザ・ダークのパンフレットの写真

先日、ダイアログ・インザ・ダークに参加してきた。

ダイアログ・イン・ザ・ダークは、少人数のグループで暗闇を探検するエンターテイメント。暗闇のエキスパートである視覚障害者がサポートしてくれる。

こういうイベントで「楽しむ」などと言うと、「不謹慎」と考えるかたも居ると思うが、主催者側の視覚障害者のかた自身、エンターティナーとして振る舞われているので、楽しまなければ逆に失礼。ボランティアとか医療とか、そういった概念は全て取り払ってほしい。彼らと我々は、対等だ。

暗闇の中で差し伸べられる視覚障害者のかたの手が、これほど心強いものとは思わなかった。前に進めず立ち往生したり、課題をこなせず困ったりしているときに、あっさりと問題を解決してくれる。「視覚障害者、すごい!」と心の底から思った。

参加費用は5,000円。決して安くないが、機会があれば繰り返し参加したい。暗闇の価値観がガラリと変わる、興味深くて楽しいイベントだった。

このイベントに連れて行ってくれた友達に、心から感謝したい。

おすすめ記事

1

  たいていのミニマリストは持ち物の数を減らしてスマホに集約という流れのようですが、スマホや携帯すら持たない、プロギャンブラーのぶきさんへのインタビュー記事を先日読み、心惹かれました。 私は ...

2

「能率手帳ゴールド」の中身が、そのままノートになったらどんなに素敵な事だろうかと、能率手帳ゴールドの愛用者なら一度は考えたことがあると思います。 その夢をかなえてくれるノート「能率手帳GOLD MEM ...

3

PlusDiaryでこれまでに紹介してきた「ほぼ日手帳の使い方」をまとめました。 前年12月ページの使い方 ほぼ日手帳を何年も使い続けていると用途に困る、前年12月ページの使い方です。年間を通して閲覧 ...

-未分類

Copyright© 手帳 | PLUS DIARY , 2018 All Rights Reserved.