手帳 本・雑誌

モレスキン「伝説のノート」活用術(著:堀正岳、中牟田洋子)

更新日:

モレスキン「伝説のノート」活用術(著:堀正岳、中牟田洋子)の写真

モレスキン「伝説のノート」活用術(著:堀正岳、中牟田洋子)は、おそらく、日本で始めてのMOLESKINE専門書。

MOLESKINEの歴史や使い方、カスタマイズの仕方、相性の良い文房具などを紹介しており、MOLESKINEについて知りたければ、これ1冊あれば十分という内容になっている。

目次

  • はじめに
  • 第1章 なぜ、モレスキンノートが選ばれるのか
  • 第2章 モレスキンノートに人生を入れる
  • 第3章 モレスキンノート「3ステップ活用法」
  • 第4章 モレスキンノート「ビジネス活用術」
  • 第5章 モレスキンノート「生活活用術」
  • 第6章 モレスキンノート「DIYカスタマイズ術」
  • 第7章 モレスキンノートと相性のいい文房具
  • あとがき

この本を読んだ後に実感した効果

『モレスキン「伝説のノート』活用術』には、ページ番号、タグ付け、索引、GTD、Doingリスト、情報カードでのToDo管理など、色々な使い方が紹介されている。

それらの使い方のうち、いくつかは自分自身で実践していたし、いくつかを取り入れようと思ったが、それ以上に効果があったのは、「メモの量が増えた」こと。

この本を読んでから、メモの量が倍以上に増えた。

メモの量が増えたことにより、過去のメモを読み返したときに、役立つ情報が増えた。何故、メモの量が増えたかについて説明するのは難しいのだけれど、この本の影響だと思う。

ページ番号の付け方や、タグ付けの仕方、索引など、わかりやすい具体的なテクニックを知ることができただけでなく、それらのテクニックを通して、どのようなメモをとるべきか、メモに対する理解が深まったのだと思う。

この本は、MOLESKINEの活用術を知りたい人だけでなく、メモのとりかたを知りたい人にもお勧めしたい。

『モレスキン「伝説のノート」活用術』を探す→Amazon.co.jp

おすすめ記事

1

  たいていのミニマリストは持ち物の数を減らしてスマホに集約という流れのようですが、スマホや携帯すら持たない、プロギャンブラーのぶきさんへのインタビュー記事を先日読み、心惹かれました。 私は ...

2

「能率手帳ゴールド」の中身が、そのままノートになったらどんなに素敵な事だろうかと、能率手帳ゴールドの愛用者なら一度は考えたことがあると思います。 その夢をかなえてくれるノート「能率手帳GOLD MEM ...

3

PlusDiaryでこれまでに紹介してきた「ほぼ日手帳の使い方」をまとめました。 前年12月ページの使い方 ほぼ日手帳を何年も使い続けていると用途に困る、前年12月ページの使い方です。年間を通して閲覧 ...

-手帳, 本・雑誌
-,

Copyright© 手帳 | PLUS DIARY , 2019 All Rights Reserved.