手帳

ほぼ日手帳 2013年 革カバー ブルーブラックの写真付きレビュー

更新日:

ほぼ日手帳 2013年 革カバー ブルーブラックの写真

ほぼ日手帳 2013年 革カバー ブルーブラックは、タンニンでなめされた牛革を使用したカバーです。タンニンなめしの革は、使いこむうちに柔らかくなり、艶が増し、色の深みが増す特徴があります。

ほぼ日手帳 2013年 革カバー ブルーブラックの写真

外側にはポケットがあり、すべすべした手触りです。艶があり、うっすらと周囲のものが映り込みます。

ほぼ日手帳 2013年 革カバー ブルーブラックの写真

内側にも同じ革が使われています。手帳を差し込む部分には、革と同系色のサラサラした布のような素材が使われています。

ほぼ日手帳 2013年 革カバー ブルーブラックの写真

革カバー左側には、名刺が入るポケットが4つ、浅いポケットが1つ、それら5つのポケットの下に大きなポケットが1つあります。

ほぼ日手帳 2013年 革カバー ブルーブラックの写真

革カバー右側には、大きなポケットが2つあります。

ほぼ日手帳 2013年 革カバー ブルーブラックの写真

バタフライストッパーも革でできています。固い革ですので、最初のうちはペンを抜き差しするのが大変です。使い込むうちによくなっていくと思います。

ほぼ日手帳 2013年 革カバー ブルーブラックの写真

コバもきれいに仕上げられています。使い込むことで手になじみ、艶が出てくる革を長い間使うには、十分な強度がありそうです。

ほぼ日手帳 2013年 革カバー ブルーブラックの写真

革カバー内側の右下に、HOBO 2013のタグがありました。革カバーを何年も使っていると、「この革カバーはいつから使っているのだろうか?」と思う日がくるかもしれないので、目立たない場所にある2013年の文字がうれしいです。

ほぼ日手帳 2013年 革カバー ブルーブラックの写真

しおりの先の革も、しっかり取り付けられていました。四角と三角の革のおかげで、手に持った感触だけでどちらのしおりを持ったかがわかります。

デイリーページは三角、マンスリーページは四角といった使い分けを決めておけば、しおりをつかって楽に目的のページを開くことができます。

ほぼ日手帳 2013年 革カバー ブルーブラックの写真

タンニンなめしの革は、使い込むことで手になじみ、表情が豊かになる革です。これからどのような表情に変わっていくのだろうかと思うと、使っていくのが楽しみになり、早く手になじむようにと思わずなで回したくなります。

この革を、ゆっくり、じっくり、育てていこうと思います。

ほぼ日手帳公式ガイドブック→Amazon.co.jp

おすすめ記事

1

  たいていのミニマリストは持ち物の数を減らしてスマホに集約という流れのようですが、スマホや携帯すら持たない、プロギャンブラーのぶきさんへのインタビュー記事を先日読み、心惹かれました。 私は ...

2

「能率手帳ゴールド」の中身が、そのままノートになったらどんなに素敵な事だろうかと、能率手帳ゴールドの愛用者なら一度は考えたことがあると思います。 その夢をかなえてくれるノート「能率手帳GOLD MEM ...

3

PlusDiaryでこれまでに紹介してきた「ほぼ日手帳の使い方」をまとめました。 前年12月ページの使い方 ほぼ日手帳を何年も使い続けていると用途に困る、前年12月ページの使い方です。年間を通して閲覧 ...

-手帳
-, ,

Copyright© 手帳 | PLUS DIARY , 2018 All Rights Reserved.