手帳 整理術・片付け

持ち物を減らすため、古い手帳を電子化しました

フランクリンプランナーの写真

2003年11月から2005年8月まで約2年間、フランクリン・プランナーをメインに使用していました。私自身、手帳を本格的に使い始めたのはその頃からだったと思います。

手帳を本格的に使い始めた頃の手帳ということで思い入れもあり、手帳の電子化と紙の処分にはなかなか踏み切れませんでした。しかし、1冊のバインダーの厚さが8cmほどあり、そのバインダーが2冊ありました。本棚に収納すると、分厚い辞書2冊分の幅をとるため、広い置き場所を用意する必要がありました(ちなみに、上の写真にうつっているリフィルは、1年ぶんです)。

それだけの置き場所をとっているのに、読み返すのは年に1度あれば良い方でした。そういった状況が10年近く続き、いい加減、もういいだろうということで、電子化することにしました。

電子化にかかった時間は、2年ぶんで約1時間でした。

電子化して捨てることになった紙に何か特別な、暗い哀愁のような感情が湧くだろうかと期待していたのですが、暗い気持ちを感じることはなく、かえって気持ちが楽になりすっきりしました。こんなことなら、もっと早く電子化をしておけば良かったと思えるほどです。

そんなわけで、これからもっと持ち物を減らそうと思います。電子化できるものは電子化して、そうでないものも、できるだけ減らして、キャリーケースひとつで引っ越しできてしまうような(実際にはムチャでしょうけど)、そんな持ち物の量にしていきたいと思います。




おすすめの証券会社

お願い

誤りやアドバイスなどありましたらTwitterで教えていただけると嬉しいです。

おすすめ記事

iSpeedのメイン画面 1

楽天証券のアプリ「iSPEED」で損切りアラートを設定する方法 スマホから簡単に株を取引きしたり、株のチャートやニュースを見たりできる楽天証券のアプリ「iSEED」。 楽天証券のアプリ「iSEED」が ...

2

FIREに学ぶ、自分に合った資産の増やし方3パターンとは? 最近テレビでFIREが取り上げられたようです。FIREとは、経済的自立と早期リタイア(Financial Independence, Ret ...

3

  たいていのミニマリストは持ち物の数を減らしてスマホに集約という流れのようですが、スマホや携帯すら持たない、プロギャンブラーのぶきさんへのインタビュー記事を先日読み、心惹かれました。 私は ...

-手帳, 整理術・片付け
-,

© 2021 PLUS DIARY