手帳

シンプルなシステムから始める

更新日:

ほぼ日手帳とiPhoneの写真

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」というビスマルクの有名な言葉がありますが、私は賢者ではありません。歴史に学べるほど優秀ではありません。

愚者の私は、経験から学ぶ方が得意です。

たとえば、本に載っているような立派なタスク管理システムを、そっくりそのまま取り入れて、いきなり運用することは、私には困難です。

本に載っている立派なタスク管理システムに感銘を受けつつ、すぐにマネできそうなところから、マネしています。

私の場合、タスク管理に限らず、メモ管理や予定管理など、いろいろな管理のシステム(仕組み)を始めるとき、シンプルなシステムから始めて、失敗を経験しながら必要な仕組みを追加していきます。

そして、システムが複雑になったら整理します。整理の方法は、大きく分けて3点です。

  • 不要になった仕組みを止める
  • 効果が薄い仕組みを止める
  • 仕組みを組み合わせて効果を高められないか検討する

本を書かれているような方々も、探り探りやりつつ、失敗を経験しながら、その仕組みを作り上げられているかたが多いような気がします。

私のように賢者ではない方々には、シンプルなシステムから始めて、失敗を経験しながら必要な仕組みを追加し、整理することをおすすめします。

おすすめ記事

1

  たいていのミニマリストは持ち物の数を減らしてスマホに集約という流れのようですが、スマホや携帯すら持たない、プロギャンブラーのぶきさんへのインタビュー記事を先日読み、心惹かれました。 私は ...

2

「能率手帳ゴールド」の中身が、そのままノートになったらどんなに素敵な事だろうかと、能率手帳ゴールドの愛用者なら一度は考えたことがあると思います。 その夢をかなえてくれるノート「能率手帳GOLD MEM ...

3

PlusDiaryでこれまでに紹介してきた「ほぼ日手帳の使い方」をまとめました。 前年12月ページの使い方 ほぼ日手帳を何年も使い続けていると用途に困る、前年12月ページの使い方です。年間を通して閲覧 ...

-手帳
-

Copyright© 手帳 | PLUS DIARY , 2018 All Rights Reserved.