手帳

SMYTHSON(スマイソン)を使い始めて、まず悩んだこと。

更新日:

SMYTHSONの写真

SMYTHSONを、早速、使い始めました。

私は、手帳は道具だと思っているので、もったいなくて使えないということが、ほとんどありません。どんなに気に入っていても、とにかく、書き込みたくなります。

最初の、ひと筆は多少緊張しますが、その後は、ガシガシ書き込めます。

さて、SMYTHSONの手帳を入手したら、こう使おうと決めていたことがいくつかあります。

  1. 土日祝日は、日付の部分を蛍光ペンのピンクで塗る。
  2. 考えたことや、本で読んだことなど、日々ふれる言葉の中から、特に気になった言葉を書き込む。
  3. メモ欄(右下の欄)には、その週に得に気にしておきたい目標や、心構えを書き込む。
  4. 使うペンのインクの色は青。できれば、ロイヤルブルー。

以上の中で、1〜3は、問題なくできました。しかし、4は少し考え中です。

「4. 使うペンのインクの色は青。できれば、ロイヤルブルー」

使い始めてみたところ、思っていた通り、SMYTHSONの青い用紙に、モンブランの青いインクがよく映え、想像以上に素敵なものでした。

しかし、問題が1点。

モンブランで書いた字が少し太い。

1日の記入欄に、4行ほど書き込めるので、適度な太さなのかもしれませんが、もう少し細いペンで、たくさん書き込みたい気がしています。

そして、できれば、外出先では、万年筆ではなく、ボールペンやローラーボールを使いたい。万年筆は、ある程度落ち着いた環境で使う方が似合います。

そんなわけで、SMYTSONと相性の良いペン探しを始めました。SMYTHSONと相性の良さそうなペンの条件は、以下のとおり。

  • 細字
  • 濃い青のインクがある
  • 1つのデザインで、万年筆とボールペンがある

これから、いろいろ試して行きますので、ペン選びについて面白いものがあったら、また、ご報告します!

おすすめ記事

1

  たいていのミニマリストは持ち物の数を減らしてスマホに集約という流れのようですが、スマホや携帯すら持たない、プロギャンブラーのぶきさんへのインタビュー記事を先日読み、心惹かれました。 私は ...

2

「能率手帳ゴールド」の中身が、そのままノートになったらどんなに素敵な事だろうかと、能率手帳ゴールドの愛用者なら一度は考えたことがあると思います。 その夢をかなえてくれるノート「能率手帳GOLD MEM ...

3

PlusDiaryでこれまでに紹介してきた「ほぼ日手帳の使い方」をまとめました。 前年12月ページの使い方 ほぼ日手帳を何年も使い続けていると用途に困る、前年12月ページの使い方です。年間を通して閲覧 ...

-手帳
-,

Copyright© 手帳 | PLUS DIARY , 2018 All Rights Reserved.