投資用語集

【投資用語】ROEとは

ROEとは

ROEとは、株主から集めたお金をうまく事業に回せているか示す指標。

 

ROEの目安

10%を目安にすることが多いようです。

ただし、この数値は日本企業の場合です。経済産業省の2019年11月の資料で「日本の上場企業のROEは、上昇傾向にあるが、欧米の上場企業との格差は残る。」と論じられています。同資料に記載されていたROEの平均値は以下の通りです。

  • 日本:9.4%
  • 米国:18.4%
  • 欧州:11.9%

 

ROEは高い方が良いものの、注意が必要

ROEは基本的には高い方が良いとされていますが、注意が必要です。以下のようなケースが考えられます。

  • 株主から集めたお金のほかに借金をした場合、ROEの数値が上がることがある
  • 創業年数が長く、株主資本が多い場合、ROEの数値が上がりにくい
  • 災害などで当期純利益が少なくなった場合、ROEの数値が下がる

 

ROEの計算式

ROEは、以下の2つの計算式のいずれかで求めることができます。

ROE(%) = 当期純利益 ÷ 自己資本 × 100

または

ROE(%) = EPS(一株あたり利益) ÷ BPS(一株当たり純資産) × 100

 

ROEの正式名称

Return On Equity (自己資本利益率)

 

お願い

誤りやアドバイスなどありましたら、Twitterでお知らせいただけると嬉しいです。

 




おすすめ記事

iSpeedのメイン画面 1

楽天証券のアプリ「iSPEED」で損切りアラートを設定する方法 スマホから簡単に株を取引きしたり、株のチャートやニュースを見たりできる楽天証券のアプリ「iSEED」。 楽天証券のアプリ「iSEED」が ...

2

FIREに学ぶ、自分に合った資産の増やし方3パターンとは? 最近テレビでFIREが取り上げられたようです。FIREとは、経済的自立と早期リタイア(Financial Independence, Ret ...

3

  たいていのミニマリストは持ち物の数を減らしてスマホに集約という流れのようですが、スマホや携帯すら持たない、プロギャンブラーのぶきさんへのインタビュー記事を先日読み、心惹かれました。 私は ...

-投資用語集

© 2021 PLUS DIARY