投資用語集

【投資用語】現物取引(げんぶつとりひき)

現物取引とは

株や債券などの取引を、代金を受け渡して行うこと。

  • 株取引の基本となる取引
  • 株を保有することで配当金や株主優待を得ることができる
  • 株を売買することで値上がり利益を得ることができる
  • 株を売買することで値下がりによる損失がでることがある

取引の手数料について

株や債券などの取引には手数料が発生します。

  • 手数料は、証券会社によって違います。
  • 同じ証券会社でも、取引金額によって手数料が変わることがあります。
  • 利益や損失にプラスして手数料をとられるため、手数料によって利益がなくなったり損失が出たりするといったことがあります。
  • 証券会社選びの判断材料のひとつとして、「手数料」は重要な項目です。

 




おすすめ記事

1

  たいていのミニマリストは持ち物の数を減らしてスマホに集約という流れのようですが、スマホや携帯すら持たない、プロギャンブラーのぶきさんへのインタビュー記事を先日読み、心惹かれました。 私は ...

2

「能率手帳ゴールド」の中身が、そのままノートになったらどんなに素敵な事だろうかと、能率手帳ゴールドの愛用者なら一度は考えたことがあると思います。 その夢をかなえてくれるノート「能率手帳GOLD MEM ...

3

PlusDiaryでこれまでに紹介してきた「ほぼ日手帳の使い方」をまとめました。 前年12月ページの使い方 ほぼ日手帳を何年も使い続けていると用途に困る、前年12月ページの使い方です。年間を通して閲覧 ...

-投資用語集

© 2021 PLUS DIARY