投資用語集

【投資用語】BPSとは

BPSとは

BPSとは、1株あたりの純資産のこと。

 

BPSの値について

BPSの値は高い方が良いとされています。株式を発行し、黒字を重ね、純資産を増やし続けていれば、1株あたりの純資産額も増えるため、BPSは高い方が良いということになります。

  • BPSの数値が高ければ、経営の安定性が高い企業
  • BPSの数値が低ければ、経営の安定性が低い企業

BPSが高い企業は、証券会社などが出している、BPSのランキング情報等でチェックすることがでいます。

 

BPSの正式名称

Book-value Per Share

 

BPSの計算式

純資産 ÷ 発行済み株式数

 

お願い

誤りやアドバイスなどありましたら、Twitterでお知らせいただけると嬉しいです。

 




おすすめ記事

iSpeedのメイン画面 1

楽天証券のアプリ「iSPEED」で損切りアラートを設定する方法 スマホから簡単に株を取引きしたり、株のチャートやニュースを見たりできる楽天証券のアプリ「iSEED」。 楽天証券のアプリ「iSEED」が ...

2

FIREに学ぶ、自分に合った資産の増やし方3パターンとは? 最近テレビでFIREが取り上げられたようです。FIREとは、経済的自立と早期リタイア(Financial Independence, Ret ...

3

  たいていのミニマリストは持ち物の数を減らしてスマホに集約という流れのようですが、スマホや携帯すら持たない、プロギャンブラーのぶきさんへのインタビュー記事を先日読み、心惹かれました。 私は ...

-投資用語集

© 2021 PLUS DIARY