投資用語集

【投資用語】ダウ理論とは

ダウ理論とは

テクニカル分析の理論。相場の値動きの特徴を「6つの基本法則」で説明した理論。

  1. 平均はすべての事象を織り込む
  2. トレンドには3種類ある
  3. 主要トレンドは3段階からなる
  4. 平均は相互に確認されなければならない
  5. トレンドは出来高でも確認されなければならない
  6. トレンドは明確な転換シグナルが発生するまで継続する

 

1. 平均はすべての事象を織り込む

市場価格は需給バランスで決まるため、市場価格はあらゆる情報が織り込まれて決まっているという意味。

 

2. トレンドには3種類ある

トレンドの3種類とは「主要トレンド」「二次トレンド」「小トレンド」の、期間で区切られたトレンドのこと。

種類 期間 確認方法
主要トレンド 長期 (1年未満~数年) 週足チャート、月足チャート
二次トレンド 中期 (10日~3カ月) 4時間チャート、日足チャート
小トレンド 短期 (数時間~1カ月) 1時間チャート、1時間未満のチャート

 

3. 主要トレンドは3段階からなる

トレンドの3つの段階のこと。「先行期」「追随期」「利食い期」の3段階がある。

  • 第1段階:先行期
  • 第2段階:追随期
  • 第3段階:利食い期

それぞれの特徴は以下の通り。

第1段階:先行期

  • 先行投資家が仕込む時期
  • 価格変動が緩やか

第2段階:追随期

  • 上昇銘柄に追随買いが入る
  • 価格変動が急激

第3段階:利食い期

  • 一般投資家が参加し始める
  • 先行期に買った投資家が売り抜ける

 

4. 平均は相互に確認されなければならない

複数の指標が同じ方向を示すことでトレンドに確証を持てるということ。

 

5. トレンドは出来高でも確認されなければならない

出来高の増減により、上昇と下落を確認する。

  • 上昇局面:出来高が増加
  • 下落局面:出来高が減少

 

6. トレンドは明確な転換シグナルが発生するまで継続する

上昇トレンドと下落トレンドは、明確な転換シグナルが発生するまで継続するということ。

 

その他

  • ダウ理論は、19世紀後半に米国の証券アナリスト、チャールズ・ダウ氏が考案した理論
  • 長年多くのトレーダーに支持されている
  • 1世紀以上も前に構築された理論であるため現代の状況に合わせてルールを柔軟に用いるべきとしている意見もある

 




おすすめの証券会社

お願い

誤りやアドバイスなどありましたらTwitterで教えていただけると嬉しいです。

おすすめ記事

iSpeedのメイン画面 1

楽天証券のアプリ「iSPEED」で損切りアラートを設定する方法 スマホから簡単に株を取引きしたり、株のチャートやニュースを見たりできる楽天証券のアプリ「iSEED」。 楽天証券のアプリ「iSEED」が ...

2

FIREに学ぶ、自分に合った資産の増やし方3パターンとは? 最近テレビでFIREが取り上げられたようです。FIREとは、経済的自立と早期リタイア(Financial Independence, Ret ...

3

  たいていのミニマリストは持ち物の数を減らしてスマホに集約という流れのようですが、スマホや携帯すら持たない、プロギャンブラーのぶきさんへのインタビュー記事を先日読み、心惹かれました。 私は ...

-投資用語集

© 2021 PLUS DIARY