投資用語集

【投資用語】リップル(XRP)とは

リップルとは

リップル(XRP)は、国際決済の手間やコストを低減させるために開発された仮想通貨です。

リップルが提供する送金ネットワークには、300以上の金融機関が参加しています。(2020年12月時点)

 

リップルの特徴

  • 時価総額3位 (2020年3月時点)
  • アメリカ Ripple Incが通貨を管理・運営している
  • 総発行可能数は1,000億枚ですでに発行済み(※)

※ ビットコインの発行上限は2,100万枚

 

リップルの価値が上がる仕組み

リップルの価値が上がる仕組みは以下の通りです。

  1. 国際送金システムで利用させるたびに消費される
  2. リップルの枚数が減るため希少性が出る
  3. 希少性が出ることにより価格があがる

ただし、Ripple Incがリップルを多数保有しており、需要と供給のバランスをとるために必要に応じて市場に放出する可能性があります。

 

お願い

誤りやアドバイスなどありましたら、Twitterでお知らせいただけると嬉しいです。

 




おすすめ記事

iSpeedのメイン画面 1

楽天証券のアプリ「iSPEED」で損切りアラートを設定する方法 スマホから簡単に株を取引きしたり、株のチャートやニュースを見たりできる楽天証券のアプリ「iSEED」。 楽天証券のアプリ「iSEED」が ...

2

FIREに学ぶ、自分に合った資産の増やし方3パターンとは? 最近テレビでFIREが取り上げられたようです。FIREとは、経済的自立と早期リタイア(Financial Independence, Ret ...

3

  たいていのミニマリストは持ち物の数を減らしてスマホに集約という流れのようですが、スマホや携帯すら持たない、プロギャンブラーのぶきさんへのインタビュー記事を先日読み、心惹かれました。 私は ...

-投資用語集

© 2021 PLUS DIARY