未分類

桃屋のラー油。チャーハン レシピ

投稿日:2009/12/29 更新日:

桃屋の辛そうで辛くない少し辛いラー油の写真

桃屋の「辛そうで辛くない少し辛いラー油」。

わださんのブログで見かけて以来、どうしても食べたくなって、スーパーに行くたびに気にかけていたら、ようやく発見!

矢野きくのさんのブログや、NETAFULLでも取り上げられていました。

食べ物の話題なので、このブログで扱うのを迷ったのですが、美味しかったので紹介します。

桃屋の辛そうで辛くない少し辛いラー油の写真

蓋をあけて、スプーンを差し込んでみると、すぐにゴツッと手応え。

そのまま、少し力をいれてガリガリという感触とともに押し込みすくい上げると、フライドガーリックとフライドオニオンが出てきました。

ラー油というと、辛い油しか想像していなかったのですが、桃屋のラー油は、フライドガーリックとフライドオニオンの、唐辛子油漬けのようなラー油です。薬味(具材)を楽しむ調味料のようです。

わださんや、矢野さんも言われているとおり、白いご飯に、その薬味を乗せて食べると、とても美味しい!

薬味に、程よい塩味と甘さがあり、フライにされたガーリックやオニオンの香ばしさと、ラー油のほのかな辛みで、ご飯がすすみます♪

桃屋のラー油 チャーハン・レシピ

桃屋の辛そうで辛くない少し辛いラー油で作ったチャーハンの写真

白いご飯に乗せて食べるときに、桃屋のラー油の薬味に付いた油を落とすようにして乗せて食べていたので、少し油があまり気味でした。

そこで、「ラー油は辛みのある油だよね?それなら、炒め物の油に利用できるかな?」ということを思いつき、あまっているラー油の油でチャーハンを作ってみることにしました。

レシピは以下のとおりです。

材料

今回は、桃屋のラー油を使って、はじめてチャーハンを作ったので、味を確かめるためシンプルな材料にしました。

  • 白いご飯
  • 卵2つ
  • 桃屋のラー油
  • 胡椒

手順

油を、桃屋のラー油にする以外は、普通のチャーハンと同じ作り方です。

  1. フライパンを熱して、ラー油の油を入れる。
  2. 溶き卵を2つ入れる。
  3. すぐに白いご飯を、入れる。
  4. 炒める。
  5. 桃屋のラー油の薬味と、塩こしょうで味を整える。
  6. 器によっそって、桃屋のラー油の薬味を散らす。

具材が、卵と桃屋のラー油だけとは思えないくらい、旨味がありました。桃屋のラー油の薬味に、旨味が凝縮されているんだと思います。

今回、シンプルに作ってみて、十分美味しかったのですが、チャーシューの細切れや、ネギのみじん切り、レタスあたりを具材に追加すると更に美味しそうです。

桃屋のラー油を見かけたら、ぜひ白いご飯にのせて食べてみてください♪

桃屋のラー油を探す→楽天市場

-未分類

執筆者:


  1. わだ より:

    これはシンプルすぎるところがいいですね!おいしそ~。今度やってみます。

  2. 吉澤 尚志 より:

    ▽わださんへ
    試食のためにつくりましたが、結果的に、
    桃屋のラー油を楽しむためのチャーハンになりました♪
    ぜひお試しください(^^)

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

HITACHI サイクロン式掃除機 CV-SU5000の写真付きレビュー

R0012373.jpg

Twitterで、「掃除機なんて、どれ買っても変わらないだろう。」と言ってましたが、ごめんなさい。開発者さんに謝らなければいけません。平身低頭謝ります。最近の掃除機が、こんなに凄い物だったとはっ!!

ドライブ with TOYOTA 86 秋の富士山周辺

最近、面白い車がないなんて誰が言い始めたのだろう? TOYOTA 86で長時間ドライブできる週末は、楽しみ以外の何者でもありません。 先日、秋の富士山周辺をドライブしてきました。 途中、白糸ノ滝に寄り …

no image

5分あればできる、朝のお弁当作り

お弁当の写真

毎日、お弁当を持って行っていると「誰が作ってるの?」と言われます。

結婚していないうえに、一人暮らしの男が、毎日お弁当を持って行っていると、不思議に思われるようです。

でも、私のお弁当作りは、毎朝5分もかかりません。

no image

あなたのBlog術教えて下さい! via R-style

R-Styleスクリーンショット

@rashita2さんのR-styleで、「あなたのBlog術教えて下さい!」という企画が開催されていました。

これからブログを始める人や、ブログを始めて間もない人向けに役立つ、技やコツをトラックバックする企画です。面白そうな題材だったので、当ブログも参加することにしました。

鯔背家のThe 真鍮 OTOSHIGO (キーホルダー)

タツノオトシゴは出世魚のように出世して、大人になったら龍になるということはありません。大人になってもやっぱり龍の子のままという、可愛らしい存在です。 そんな可愛らしいタツノオトシゴをモチーフにした、カ …