本・雑誌

松浦弥太郎 日々の100

更新日:

松浦弥太郎 日々の100の写真

「日々の100」という本を、しばらく前から読んでいました。

暮しの手帖編集長であり、文筆家であり、書店店主でもある、松浦弥太郎さんが愛用されている100品について、本の中で語られています。

語られている内容は、その品の付き合い方や、その品と出会うときっかけとなった人々のことなど、その品と、松浦弥太郎さんや様々な人々との関係について書き綴られています。

書き綴られた文章を読んでいると、日だまりに静かに座ってお茶でも飲んでいるような、心地良い気持ちになります。

紹介されている品への強い物欲が湧いたり、すぐさま試したくなるノウハウが紹介されたりしているわけではありませんが、その品と人との関係から、その品の存在がいっそう美しく、いきいきしてくるのを感じました。

だから、本の中にある、日だまりのような心地良さを求めて、本の中で語られている品を、単にお金を出して買っても、たぶん虚しくなるだけ。

その品を通して暖かさを感じたいなら、関係を作れる人になることが大切。

日々の100を通して、人と品の関係を、あらためて意識することができました。

日々の100を探す→Amazon.co.jp

おすすめ記事

1

  たいていのミニマリストは持ち物の数を減らしてスマホに集約という流れのようですが、スマホや携帯すら持たない、プロギャンブラーのぶきさんへのインタビュー記事を先日読み、心惹かれました。 私は ...

2

「能率手帳ゴールド」の中身が、そのままノートになったらどんなに素敵な事だろうかと、能率手帳ゴールドの愛用者なら一度は考えたことがあると思います。 その夢をかなえてくれるノート「能率手帳GOLD MEM ...

3

PlusDiaryでこれまでに紹介してきた「ほぼ日手帳の使い方」をまとめました。 前年12月ページの使い方 ほぼ日手帳を何年も使い続けていると用途に困る、前年12月ページの使い方です。年間を通して閲覧 ...

-本・雑誌

Copyright© 手帳 | PLUS DIARY , 2018 All Rights Reserved.