未分類

映画『借りぐらしのアリエッティ – スタジオジブリ』を観てきました!

投稿日:2010/08/15 更新日:

借りぐらしのアリエッティ スクリーンショット

この夏たのしみにしていた映画、「借りぐらしのアリエッティ」を観てきた。企画・脚本は宮崎駿、監督は米林宏昌。米林宏昌監督、初の長編映画作品だ。

原作は、イギリスの小説「床下の小人たち(著:メアリー・ノートン)」。1952年に発表された児童文学で、カーネギー章を受賞している。

映画「借りぐらしのアリエッティ」の物語りは、病気療養のため、祖母の家に預けられることになった少年と、その家に住んでいる小人(アリエッティ)が遭遇するところから始まる。

ジブリ作品ではあるものの、宮崎駿監督作品ではないので、「この映画、面白いだろうか?はずれじゃないだろうか?」という不安が入り交じった気持ちで、映画を観始めた。

小人たちの世界が、大きなスクリーンに広がり、劇場全体を使った効果音により臨場感が倍増し、あっという間にエンディングを迎えた。

劇場内の観客には、小さな子供も居たようだが、ぐずることなく、集中して観ていたようだった。

「借りぐらしのアリエッティ」は、大人も子供も楽しめる。映画館に足を運び、大きなスクリーンと劇場全体を使った効果音による小人たちの世界を、ぜひ体験して欲しい。

テレビで観るのとは、まるで違う体験を、映画館で味わえると思う。

「借りぐらしのアリエッティ」関連グッズを探す→Amazon.co.jp
「床下の小人たち」を探す→Amazon.co.jp

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

長期出張と私服に対応できる革靴。REGAL 51FRAH

仕事用の革靴が1足ダメになったので、REGAL 51FRAHに買い換えました。 今回買い換えるにあたって検討したのは以下の2点です。 長期出張に使いやすい革靴 私服にも合わせられる革靴 長期出張に使い …

no image

映画『ココ・アヴァン・シャネル』の感想

ココ・アヴァン・シャネル DVDの写真

シャネルを創った、ココ・シャネルの伝記映画。ココ・アヴァン・シャネルを観ました。この映画の中では、ココ・シャネルがデザイナーを本格的に始めるまでの半生を描いています。

シャネルというと、高級なブランドというイメージしかなかったのですが、ある朝、めざましテレビの中で、「ココ・シャネルは、当時奇抜だったジャージ素材や、ボーダー柄のシャツ、セーラー服を女性のファッションに取り入れた」ということを知り、俄然興味がわきました。

FRISKケースに世田谷ベースのステッカーを貼って楽しむ

私はFRISKを仕事中によく食べるので、ステッカーを貼りました。Daytonaという雑誌の付録についていた世田谷ベースのステッカーです。 もともと着いていたFRISKのステッカーをはがして、ケースをき …

鯔背家のThe 真鍮 OTOSHIGO (キーホルダー)

タツノオトシゴは出世魚のように出世して、大人になったら龍になるということはありません。大人になってもやっぱり龍の子のままという、可愛らしい存在です。 そんな可愛らしいタツノオトシゴをモチーフにした、カ …

no image

2009年に観た、映画&映像作品 103本

tokyo.soraと東のエデンの写真

2009年も、たくさんの映画や映像作品に出会いました。iPhoneのカレンダーに入力した映画や映像作品をリストアップしてみたところ、100件以上ありました。

そのなかでも、今年、特に気に入ったのが、tokyo.soraと東のエデン。この2つは、これからも繰り返し観る映像作品になると思います。