Art

映画「ゴールデンスランバー」原作:伊坂幸太郎 x 監督:中村義洋は、今年最高の映画!

更新日:

映画「ゴールデンスランバー」原作:伊坂幸太郎 x 監督:中村義洋のスクリーンショット

映画「ゴールデンスランバー」を観てきました。私にとって、今年最高の映画かもしれません。大好きな映画だったので、できるだけ多くの人に観て楽しんで欲しいです!

あちこちで言っているのですが、私は、伊坂幸太郎さんの小説が大好きです。アヒルと鴨のコインロッカーという映画を観て、伊坂幸太郎さんのファンになりました(Twitterで使っている、naoahiruのahiruは、アヒルと鴨のコインロッカーのアヒルでもあります)。演出や映像も大好きな雰囲気だったので、アヒルと鴨のコインロッカーの監督をされた、中村義洋監督のファンにもなりました。

映画「ゴールデンスランバー」は、「原作:伊坂幸太郎 × 監督:中村義洋」です。この組み合わせで、面白くないわけがありません!

さて。映画「ゴールデンスランバー」を、どう紹介したものかと、数日悩みました。ゴールデンスランバーに限らず、映画は、できるだけ前提知識なしで観てほしいからです。

よくある映画の紹介に、「開始○○分後に、衝撃のシーンがっ!!」とか、「涙が止まらない」とか、そんな紹介がありますが、そんな紹介要りません。「○○分後に、確かに衝撃のシーンがあった」とか「確かに涙が止まらなかった」とか、そんなことを確認するために映画館に行くのは、なんだかつまらないと思うんです。

泣ける映画なのか、笑える映画なのか、ハラハラドキドキする映画なのか、まったく知らずに観たときの感動こそが大切だと思っているので、できる限りどんな映画か紹介しないで、観たいと思ってもらえるように紹介したいと思いつつ、どうしても、そんな紹介ができなくて、すぐに紹介したいのに紹介できず、数日、悶々としていました。

そんなわけで、今回の紹介では、映画の内容は語りません。どんな映画なのかも言いません。ただ、もう、私が大好きな映画という、ただ、それだけをお伝えすることにしました!

ゴールデンスランバーを観たあと、 iTunes Music Storeでサントラ買っちゃいましたし、翌日には、TUTAYAに行ってビートルズのアルバム、アビイ・ロード(ゴールデンスランバーというタイトルは、アビイ・ロードの中の1曲からとったもの)も買っちゃいました。

それほどまでに、のめり込んでいる映画です。ぜひ、何の前提知識もなしに観に行ってください!

アビイロードを探す→Amazon.co.jp

サントラを探す→Amazon.co.jp斉藤和義 - ゴールデンスランバー ~オリジナルサウンドトラック~

おすすめ記事

1

  たいていのミニマリストは持ち物の数を減らしてスマホに集約という流れのようですが、スマホや携帯すら持たない、プロギャンブラーのぶきさんへのインタビュー記事を先日読み、心惹かれました。 私は ...

2

「能率手帳ゴールド」の中身が、そのままノートになったらどんなに素敵な事だろうかと、能率手帳ゴールドの愛用者なら一度は考えたことがあると思います。 その夢をかなえてくれるノート「能率手帳GOLD MEM ...

3

PlusDiaryでこれまでに紹介してきた「ほぼ日手帳の使い方」をまとめました。 前年12月ページの使い方 ほぼ日手帳を何年も使い続けていると用途に困る、前年12月ページの使い方です。年間を通して閲覧 ...

-Art

Copyright© 手帳 | PLUS DIARY , 2018 All Rights Reserved.