Google ADS 自動サイズ

整理術・片付け 文具レビュー 本・雑誌

コンパクトで安い断裁機の写真付きレビュー。 ScanSnapと合わせて自炊開始!

更新日:

カール事務器 ディスクカッター DC-210Nの写真

紙の本を電子書籍に加工する(自炊する)ため、ScanSnap S1300に続き、断裁機を購入しました。

断裁機本体について

カール事務器 ディスクカッター DC-210Nの写真

今回購入した断裁機は、「カール事務器 ディスクカッター DC-210N」という小型(W360×L490×H80mm)の断裁機です。価格も1万円くらいで購入できるので、自炊を試すにはお手頃な断裁機です。

カール事務器 ディスクカッター DC-210Nの写真 カール事務器 ディスクカッター DC-210Nの写真

刃は、ディスクカッターになっています。断裁機右上の黒いBOXの中に仕込まれています。

カール事務器 ディスクカッター DC-210Nの写真 カール事務器 ディスクカッター DC-210Nの写真

断裁機右側のバーは、ロック/ロック解除ができます。ロック解除した場合でも、バーが少し浮く程度なので、怪我をしにくい安全な構造になっています。

カール事務器 ディスクカッター DC-210Nの写真

断裁機左下には、スペアのディスクカッターを収納するスペースがあります。

はじめての自炊!

カール事務器 ディスクカッター DC-210Nの写真

初めて自炊を試すために、「インテリア Jack vol.19」を用意しました。

カール事務器 ディスクカッター DC-210Nの写真

今回購入した断裁機は、コンパクトさと引き換えに、1度に40ページ程度しか断裁でいないもののため、40ページくらいづつに本を切り分けました。

カール事務器 ディスクカッター DC-210Nの写真

バーのロックを解除して、断裁機の横から本を差し込み・・・

カール事務器 ディスクカッター DC-210Nの写真

しっかりと、セット。

カール事務器 ディスクカッター DC-210Nの写真

バーをロックして、ディスクカッターのボックス(右上のボックス)を、何度か上下に往復させると・・・スパッ!と奇麗に本を切ることができました。

カール事務器 ディスクカッター DC-210Nの写真

切り分けた本を、全て断裁しました。

カール事務器 ディスクカッター DC-210Nの写真

あとは、ScanSnap S1300でスキャンするだけです。ScanSnap 1300は、1度に10枚程度しか紙をセットできないため、本を20ページずつに別けてスキャンしました。

本を40ページ程度の厚みに切り分けるのに少し手間がかかりましたが、断裁するときに力はほとんど必要ありませんし、ScanSnapによるスキャンも気持ちよく実行できました。

断裁機の収納場所について

実は、断裁機の購入前に、収納場所をどうするかが一番気になっていました。「紙の本を電子書籍化して、本棚が空いたのに、断裁機を収納するスペースがない。」などということになったら本末転倒ですからね。

しかし、そんな心配は必要ありませんでした。使用した断裁機を箱の中に戻すだけで、大きなスペースを占有することなく、押入れに収納することができました。

ScanSnap S1300と、断裁機「カール事務器 ディスクカッター DC-210N」の組み合わせは、おすすめです!

断裁機:カール事務器 ディスクカッター DC-210N→Amazon.co.jp楽天市場
ScanSnap S1300→Amazon.co.jp楽天市場

PlusDiary 336px

PlusDiary 336px

-整理術・片付け, 文具レビュー, 本・雑誌

Copyright© 手帳 | PLUS DIARY , 2017 AllRights Reserved.