Mac・モバイル

iPhone4Sの写真付きレビュー

iPhone4Sの写真

iPhone4Sを入手しました。発売日には入荷していて、本来なら当日受け取ることも可能だったのですが、ソフトバンクの登録サーバの不具合で、引き渡しが日曜日(2011/10/16)になりました。

受け付けのお姉さんとおしゃべりしながら、30分ほどで手続き終了。私が行ったお店だけで、70台もの予約が入っていて、発売日には、そのほとんどが入荷済みだったそうです。

iPhone4Sの写真

iPhone4からiPhone4Sへの機種変更だったため、外見は、ほぼ同じです。マナーモードのスイッチ位置が若干変更になっていますが、使っていて変わったことに気づかないほどの小さな変更です。そのほか、CPU変更とかカメラの画素数変更とかいろいろあるようですが、スペック面は他のサイトで取り上げられていると思いますし、私はそういったことにあまり興味がないので、使い心地の変化について紹介しようと思います。

ホームボタンが高級車のドアのようになりました

個体差かもしれませんが、iPhone4からiPhone4Sに機種変更して最初に気づいたのは、ホームボタンの押し心地の変化です。

iPhone4は、少しカチャカチャする感触のある押し心地でした。しかし、iPhone4Sはカチャカチャする感じがなくなり、しっとりした押し心地になりました。

車好きな人ならわかると思いますが、大衆車のドアを閉めるときのガチャガチャした感じと、高級車のドアを閉めるときのしっとり吸い付くような感じと、似たような違いです。

その違いによって機能的に何かよくなるわけではありませんが、ホームボタンの押し心地が気持ちよくなりました。

手の中への収まりが良くなりました

iPhone4Sは、iPhone4から3g重量が増しているそうです。その重量のためなのか、ウェイトバランスの変化のためなのかわかりませんが、電話しているときの手の中への収まりが良くなりました。

手に持って電話していると、親指の付け根や小指のあたりにバランスよく重さがかかり、手の中でホールドされている感触がしっかり伝わってきます。

そのおかげで、電話する楽しさが増えました。

写真が奇麗になりました

iPhone4Sで撮影した写真

2台のカメラが写った上の写真は、iPhone4Sで撮影した写真です。スマートフォンでこれだけ良い写真が撮れてしまうと、普通のコンデジは不要になります。

さらに、iPhone4Sで、カメラアプリの起動も早くなったので、撮りたいときにすぐ撮れるようになりました。

使う気持ちよさと楽しさが増えた

iPhone4とiPhone4Sは、見た目も機能もほとんど変わりませんが、使うときの気持ちよさや楽しさが増えています。そのため、一度、iPhone4Sに触れたら、iPhone4には戻れなくなることでしょう。

iPhone4を持っているため、iPhone4Sを買わないことにした人がたくさん居ると思いますが、気になって店頭で触ったら、そのままお買い上げしかねない気持ちよさと楽しさです。




おすすめの証券会社

お願い

誤りやアドバイスなどありましたらTwitterで教えていただけると嬉しいです。

おすすめ記事

iSpeedのメイン画面 1

楽天証券のアプリ「iSPEED」で損切りアラートを設定する方法 スマホから簡単に株を取引きしたり、株のチャートやニュースを見たりできる楽天証券のアプリ「iSEED」。 楽天証券のアプリ「iSEED」が ...

2

FIREに学ぶ、自分に合った資産の増やし方3パターンとは? 最近テレビでFIREが取り上げられたようです。FIREとは、経済的自立と早期リタイア(Financial Independence, Ret ...

3

  たいていのミニマリストは持ち物の数を減らしてスマホに集約という流れのようですが、スマホや携帯すら持たない、プロギャンブラーのぶきさんへのインタビュー記事を先日読み、心惹かれました。 私は ...

-Mac・モバイル
-

© 2021 PLUS DIARY