Mac・モバイル

Pixcel3a の標準カメラアプリでグリッド表示設定する方法

投稿日:

私は普段、写真を撮るときに、構図を決めるためグリッド表示(撮影画面に表示される白色の縦線や横線)を利用しています。

しかし、Pixel 3aの標準のカメラアプリでグリッド表示設定する方法がわかりずらかったため、この記事では設定方法を紹介します。

 

カメラアプリの「その他」の画面を表示します。

画面右下に「設定」というアイコンがあるのでタップします。

 

設定画面中央あたりに「グリッドの種類」があり、デフォルトではOFFになっています。

「グリッドの種類」をタップします。

 

グリッドの種類選択ダイアログが出てくるので、好きなものを選択します。

私は「4 x 4」を使用しています。

 

グリッドの種類のダイアログで、好きなものをタップすると、設定画面に戻ります。

戻った設定画面の「グリッドの種類」には、選択したグリッドが表示されています。

設定画面から撮影画面に戻るには、タイトルの「設定」の左側にある「←」をタップします。

 

撮影画面に戻ると、グリッド表示されるようになっています。

操作にするとたったこれだけのことですが、「その他」の中に「設定」があるのに気づかず、しばらく悩みました。

同じように悩んでいるかたがいましたら、参考に慣れば幸いです。

 

おすすめ記事

1

  たいていのミニマリストは持ち物の数を減らしてスマホに集約という流れのようですが、スマホや携帯すら持たない、プロギャンブラーのぶきさんへのインタビュー記事を先日読み、心惹かれました。 私は ...

2

「能率手帳ゴールド」の中身が、そのままノートになったらどんなに素敵な事だろうかと、能率手帳ゴールドの愛用者なら一度は考えたことがあると思います。 その夢をかなえてくれるノート「能率手帳GOLD MEM ...

3

PlusDiaryでこれまでに紹介してきた「ほぼ日手帳の使い方」をまとめました。 前年12月ページの使い方 ほぼ日手帳を何年も使い続けていると用途に困る、前年12月ページの使い方です。年間を通して閲覧 ...

-Mac・モバイル

Copyright© 手帳 | PLUS DIARY , 2019 All Rights Reserved.