手帳

ほぼ日手帳の活用法 1日ページのタスク欄にMITを書く

ほぼ日手帳の写真

MIT(Most Inportant Task)とは、「減らす技術 (Amazon.co.jp)」で解説されている、その日やり遂げたい、もっとも重要なタスクのことです。

私は、ほぼ日手帳の1日ページのタスク欄にMITを書き込むことで、その日やり遂げたい最も重要なタスクを、できるだけやり遂げられるようにしています。

ほぼ日手帳の1日ページは、1日のうちに何回も見るページです。休日にはまったく開かないこともありますが、仕事がある日は、ほぼ毎日見ています。

仕事で覚えておきたい技術的なこと(情報漏洩防止のために、一般的な技術的なこと)や、ブログの更新アイディア(たいてい、技術以外の自分のスキルを向上させるためのもの)を、1日ページに書き込むことが多いため、1日に何度も書き込むこともあります。

そうやって何度も書き込むページですし、MITは「その日」やり遂げたいタスクですから、その日の1日ページのタスク欄に書き込むのは、記入欄の意味としてもぴったりの場所です。

その日やり遂げたい最も重要なタスクをやり遂げた日は、気分が充実していることを感じられることが多くあります。逆に、やり遂げられなかった日は、心のどこかに罪悪感をもったまま1日を終了することが多くあります。1日を大切に過ごすためにも、MITをやり遂げることは重要です。

MITといっても、難しいことを書き込む必要はありません。洗濯物や洗い物がたまっていれば、「洗濯する」とか「洗い物を片づける」、「アイロン掛けする」のような日常の家事のことも書き込みます。

また、お金の使い方が荒いと感じているときには、その日に使った金額をタスク欄に書き込んで支出を見直すこともあります。支出はタスクではありませんが、その日の私にとって最も重要なことですので、MITとして書き込みます。

そんなわけで、ほぼ日手帳の1日ページのタスク欄に、MIT(その日やり遂げたい最も重要なタスク)を書き込んでいます。

減らす技術→Amazon.co.jp




おすすめ記事

iSpeedのメイン画面 1

楽天証券のアプリ「iSPEED」で損切りアラートを設定する方法 スマホから簡単に株を取引きしたり、株のチャートやニュースを見たりできる楽天証券のアプリ「iSEED」。 楽天証券のアプリ「iSEED」が ...

2

FIREに学ぶ、自分に合った資産の増やし方3パターンとは? 最近テレビでFIREが取り上げられたようです。FIREとは、経済的自立と早期リタイア(Financial Independence, Ret ...

3

  たいていのミニマリストは持ち物の数を減らしてスマホに集約という流れのようですが、スマホや携帯すら持たない、プロギャンブラーのぶきさんへのインタビュー記事を先日読み、心惹かれました。 私は ...

-手帳
-,

© 2021 PLUS DIARY