Mac・モバイル

Macの買い換え検討中にリストアップした、3つの条件

更新日:

Apple Storeのスクリーンショット

最近、Macの買い換えを検討しています。今のiMacとは4年ほど付き合ってきましたが、そろそろ動作速度がきつい状態になってきました。OSやアプリの色々な機能を停止させたり、ファイルを整理したりしてみたところ多少改善しましたが、動作が重くなることが、たびたびあります。

そこでこの数ヶ月の間、店頭に何度も足を運び、展示されているMacを触っていました。購入条件は、以下の3つです。

  1. SDカードスロットがあること
  2. ストレージ容量512GB以上
  3. CD/DVDドライブは外付けで良い

1. SDカードスロットがあること

私は写真をたくさん撮るため、SDカードスロットが必要です。SDカードスロットがなければ外付けすることもできますが、美しい姿を損なうことになるので、とても嫌です。そんなわけで、SDカードスロットがどうしても必要です。

2. ストレージ容量512GB以上

Blogのデザインを変更したあと、IEでのチェックが必要になったり、WordやExcelが必要になることもあるため、VMにWindowsをインストールする必要があります。MacとWindowsの2台体勢にするといった方法も考えられますが、ときどき使用するIEとWordやExcelのためにWindows搭載PCを部屋の中に置いておくのは、物が増えてしまいシンプルではありません。そのため、512GB以上の容量をもったMacを購入して、VMにWindowsをインストールしようと考えています。

3. CD/DVDドライブは外付けで良い

音楽は基本的にiTunesから購入しますし、DVDはTVで視聴します。そのため、CD/DVDドライブはほとんど使いません。ほとんど使わないため内蔵している必要もなく、できることなら外付けで必要な時のみ繋げる方が、無用な穴が減るためシンプルで良いと思います。

では、どのMacにする?

まず、iMacですが、2013年11月に登場する新しいiMacは、SDカードスロットが背面に付いています(iMac技術仕様の、接続および拡張性を参照)。SDカードスロットを頻繁に使用しない想定での設計になっているようです。最近は、iPhoneで写真を撮る人が多いですし、頻繁に使わないものを背面に配置するのは当然のことのように思います。そのため、SDカードを頻繁に使用する私には不向きです。

あとは、MacBook Pro 13/15 Retina、MacBook Air 13からの選択です。

MacBook Air 13のストレージを512GBにカスタマイズをシミュレートしたところ、価格が17万円ほどになりました。その価格なら、MacBook Pro Retinaの方が良いのかもしれないと思い始めました。

そんなわけで、もうしばらくどのMacを購入するのか思案する事になりそうです。その思案中に、今使っているiMacの調子が良くなってくれると良いのですが、スペックの問題のようですから、こればかりはどうにもならないかもしれません。

MacBook→Amazon.co.jp楽天市場

おすすめ記事

1

  たいていのミニマリストは持ち物の数を減らしてスマホに集約という流れのようですが、スマホや携帯すら持たない、プロギャンブラーのぶきさんへのインタビュー記事を先日読み、心惹かれました。 私は ...

2

「能率手帳ゴールド」の中身が、そのままノートになったらどんなに素敵な事だろうかと、能率手帳ゴールドの愛用者なら一度は考えたことがあると思います。 その夢をかなえてくれるノート「能率手帳GOLD MEM ...

3

PlusDiaryでこれまでに紹介してきた「ほぼ日手帳の使い方」をまとめました。 前年12月ページの使い方 ほぼ日手帳を何年も使い続けていると用途に困る、前年12月ページの使い方です。年間を通して閲覧 ...

-Mac・モバイル

Copyright© 手帳 | PLUS DIARY , 2018 All Rights Reserved.