Mac・モバイル

モバイルバッテリーの選び方

投稿日:

仕事が終わって帰りの電車に乗る頃に、スマホのバッテリーが切れそうになり不安になった。という経験ありませんか?

いつもどおり帰ることができる日はまだ良いのですが、地震や台風で電車が止まってしまったうえにスマホのバッテリーが切れそうになると、家族に連絡することもできなくなるため、さらに不安になります。

そんな不安を解消するためには、モバイルバッテリーが必要になります。

では、どんなモバイルバッテリーが良いかというと、いろいろな種類があって迷います。そこで、モバイルバッテリーの選び方を紹介します。

 

容量

容量というのは、モバイルバッテリーに溜められる電気の量のことです。

溜められる電気の量に応じて、スマホを1回程度充電できるものから、5回以上充電できるものまで、様々な容量のモバイルバッテリーがあります。

日々の通勤時には1回程度充電できれば充分ですが、スマホの他にタブレットを持っている場合や、大きな災害時に数日間使える安心感が欲しい場合には、大きな容量のモバイルバッテリーが必要です。

 

大きさと重さ

モバイルバッテリーは容量の大きさに比例して、大きく重くなっていきます。

重さは、スマホと同じ100g程度の物から、アルミ缶飲料1本ぶんの300gを超えるものもあります。必要な容量と大きさや重さを天秤に掛けて選ぶ必要があります。

 

信頼できるメーカーか?

信頼できるメーカーかどうかは、「容量」や「大きさと重さ」以上に重要です。最も重要と言っても良いと思います。

バッテリーが発火したニュースを聞いたことがないでしょうか?

消費者庁が重大製品事故として、モバイルバッテリーからの発火およびその周辺の焼損を発表し、注意喚起したこともあり、自分自身が事故に遭うかもしれない身近な問題です。

電気を溜める構造上、バッテリーが発火する可能性があります。ですから、技術力のないメーカーや、コスパ重視でわけのわからないメーカーの物を買うことは、絶対にやめましょう。

 

おすすめは?

AnkerとSONYをおすすめします。

Ankerという名前になじみのないかたも多いと思いますが、Google出身の若者が設立した企業です。Google出身者なら技術力は信頼できます。

SONYは新製品を出したばかり(2018/09/27時点)ですので、容量、大きさ、重さを確認して、好みにあったものを選ぶと良いでしょう。

ちなみに、Panasonicもモバイルバッテリーを出しているのですが、最近新製品を出していないため(2018/10/01時点)おすすめしません。

 

おすすめ記事

1

  たいていのミニマリストは持ち物の数を減らしてスマホに集約という流れのようですが、スマホや携帯すら持たない、プロギャンブラーのぶきさんへのインタビュー記事を先日読み、心惹かれました。 私は ...

2

「能率手帳ゴールド」の中身が、そのままノートになったらどんなに素敵な事だろうかと、能率手帳ゴールドの愛用者なら一度は考えたことがあると思います。 その夢をかなえてくれるノート「能率手帳GOLD MEM ...

3

PlusDiaryでこれまでに紹介してきた「ほぼ日手帳の使い方」をまとめました。 前年12月ページの使い方 ほぼ日手帳を何年も使い続けていると用途に困る、前年12月ページの使い方です。年間を通して閲覧 ...

-Mac・モバイル
-

Copyright© 手帳 | PLUS DIARY , 2018 All Rights Reserved.