投資用語集

【投資用語】信用取引とは

信用取引(しんようとりひき)とは

信用取引とは、証券会社に担保を差し出し、お金や株式を借りて売買を行うこと。

 

信用取引のメリット

  • 担保以上のお金や株式を動かすことができる
  • 株価が下がっている場合でも利益を出す手段がある

株価が下がっている場合でも利益を出す手段は、例えば以下のようなパターンです。

  1. 証券会社から100株借りる
  2. 1株5000円で売る(5000円 x 100株 = 50万円)
  3. 株価が3000円に下落
  4. 100株買い戻す(3000円 x 100株 = 30万円)
  5. 証券会社に100株返済する

このとき、50万円で売って、30万円で買い戻していますので、差額の20万円が利益としててもとに残ります。

実際には手数料や金利などがあるため、もう少し下がると思いますが、おおよその流れは以上のとおりです。

 

信用取引のデメリット

  • 金利を支払う必要がある
  • 担保以上の損失が出る場合がある

担保以上の損失が出る場合があるというのは、例えば、以下のようなパターンです。

  1. 10万円を担保に入れて、50万円借りる
  2. 5000円 x 100株購入(50万円)
  3. 株価が1000円に下落
  4. 1000円 x 100株を売る(10万円)
  5. 50万円を返済する

このとき、株を売って10万円しか手元に残っていません。しかし、50万円返済する必要があるため、不足分の40万円を別途用意する必要があります。

 

お願い

誤りやアドバイスなどありましたら、Twitterでお知らせいただけると嬉しいです。

 

 




おすすめ記事

iSpeedのメイン画面 1

楽天証券のアプリ「iSPEED」で損切りアラートを設定する方法 スマホから簡単に株を取引きしたり、株のチャートやニュースを見たりできる楽天証券のアプリ「iSEED」。 楽天証券のアプリ「iSEED」が ...

2

FIREに学ぶ、自分に合った資産の増やし方3パターンとは? 最近テレビでFIREが取り上げられたようです。FIREとは、経済的自立と早期リタイア(Financial Independence, Ret ...

3

  たいていのミニマリストは持ち物の数を減らしてスマホに集約という流れのようですが、スマホや携帯すら持たない、プロギャンブラーのぶきさんへのインタビュー記事を先日読み、心惹かれました。 私は ...

-投資用語集

© 2021 PLUS DIARY