投資用語集

【投資用語】VIX指数(恐怖指数)とは

VIX指数(恐怖指数)とは

VIX指数とは、投資家が先行きに不安を感じている(恐怖を感じている)ときに高まる指数。

  • S&P500のオプション取引から算出されている
  • オプション取引のボラティリティ(上昇と下落の幅)が大きくなると高まる指数

 

VIX指数の目安

  • 10~20は正常値
  • 30を超えると警戒領域

 

過去の高値例

時期 出来事 VIX指数
1997年10月 アジア通貨危機 48.64
1998年10月 ロシアデフォルト(LTCM破綻) 49.53
2001年09月 アメリカ同時多発テロ 49.35
2002年07月 エンロン不正会計事件 48.46
2003年03月 アメリカのイラク侵攻 34.4
2008年10月 リーマンショック 89.53
2011年08月 S&Pが米国債を格下げ 47.56
2011年10月 ギリシャ通貨危機 46.88
2015年08月 中国減速懸念 53.29
2018年02月 アメリカ景気悪化懸念 50.3
2020年03月 コロナショック 85.47

 

VIX指数の正式名称

Volatility Index (ボラティリティ・インデックス)

 

お願い

誤りやアドバイスなどありましたら、Twitterでお知らせいただけると嬉しいです。

 




おすすめ記事

iSpeedのメイン画面 1

楽天証券のアプリ「iSPEED」で損切りアラートを設定する方法 スマホから簡単に株を取引きしたり、株のチャートやニュースを見たりできる楽天証券のアプリ「iSEED」。 楽天証券のアプリ「iSEED」が ...

2

FIREに学ぶ、自分に合った資産の増やし方3パターンとは? 最近テレビでFIREが取り上げられたようです。FIREとは、経済的自立と早期リタイア(Financial Independence, Ret ...

3

  たいていのミニマリストは持ち物の数を減らしてスマホに集約という流れのようですが、スマホや携帯すら持たない、プロギャンブラーのぶきさんへのインタビュー記事を先日読み、心惹かれました。 私は ...

-投資用語集

© 2021 PLUS DIARY