本・雑誌

2010年 ツイッターの旅 (週間ダイヤモンド 2010.01.23号)

投稿日:2010/01/23 更新日:

2010年ツイッターの旅の写真

このところ、書籍だけでなく、テレビや雑誌までとりあげるようになったTwitter。NHKの「めざせ!会社の星」という番組でもとりあげられており、興味深く観ていました。

それから数日後、週間ダイヤモンドがTwitter特集をしているらしいということを知り、早速書店へ。40ページ近いページを割いた、大きな特集が組まれていました。

目次

  • ツイッター旋風上陸!
    • 特別対談 ツイッターは流行で終わらない 津田大介 × 堀江貴文
    • 入門編 広瀬香美直伝の「使い方」
    • 中級編 三日坊主にならない「楽しみ方」
    • 上級編 達人・勝間和代の「活かし方」
  • 「やらずに書けるか!」
  • ツイッターで企業も変わる

Twitter入門編

私がTwitterを始めたのは、昨年6月。その前にTwitterのアカウントをとったことがありましたが、どう楽しめば良いのか分からず、そのときは放置。

なぜ、またTwitterをやろうと思ったのかについては、確かな記憶がありませんが、堀江貴文さんがTwitterを始めたらしいということが、きっかけだったと思います。

その後半年ほどTwitterを楽しんでいますが、Twitterの用語はいまだによくわかりません。つい最近まで、TLを、Tweet Logと勘違いしていた程です(正しくは、Time Line)。

そのため、広瀬香美さんの入門編に書かれていた、ツイッター用語集が非常に参考になりました。

アカウント登録方法から、つぶやくまでを、スクリーンショット付きで掲載されているので、これからTwitterを始めて見ようと思う人にぴったりの記事です。

Twitter中級編から上級編

中級編には、Twitterをより楽しむための、主なTwitterクライアント一覧や、フォロワー数の多い有名人リスト、Twitter関連のお役立ちサイト10が掲載されています。

上級編では、勝間和代さんがTwitterをどのように利用されているかが、インタビュー記事とともに掲載されています。

私自身、この半年ほど手探りでTwitterを利用していたので、週間ダイヤモンドさんのこの特集記事が参考になりました。Twitterをはじめるときに、この記事があったら、もっと楽に始められたのになぁと、思います。

Twitterはブームで終わる?

日本国内では、この半年程でTwitterブームが更なる盛り上がりを見せたように思います。

ブームになったものの行く末は2つ。

  1. 市場から消える
  2. 定番として定着する

Twitterは定番として定着するように思います。Web2.0やクラウドのようなバズワードと違い、Twitterには中身があります。そこに参加している一人一人の人間が居て、それぞれが楽しんでいます。

そして、既存のメディアを脅かす存在にもなっています。

新聞やテレビがニュースを報道するより前に、現地に居る人がTwitterを通してリアルタイムに状況をつぶやいたり、そのつぶやきに誤りがあれば、他の人が訂正したり、識者が居れば見解をつぶやいたりと、ニュースを素早く報道しコメントするという面では、マスコミはかないません。

もちろん、マスコミにしかできないこと(権力者が嘘を言っているときに、事実を報道するなど)もあって、その部分はマスコミの情報を期待するわけですが、 Twitterは新しいメディアとして確立するのではないかと思っています。

週間ダイヤモンドを探す→Amazon.co.jp

-本・雑誌

執筆者:

関連記事

ジブン手帳とIDEAノート活用術

ジブン手帳にセットされているIDEAノートを使うのが少し難しいと感じています。 いままでA6サイズの小さなノートを使ってきたため、IDEAノートは書き込む面積が広すぎて、どう書き始めようかと迷うことが …

社会学を学ぶ(著:内田隆三)

以前、爆笑問題のニッポンの教養で取り上げられていた社会心理学が面白く、社会とは何かということについて、もっと考えたいという思いから、「社会学を学ぶ(著:内田隆三)」を読んでみました。 目次 序章 社会 …

続・尊敬できる「日用品」 BRUTUS 2014年2月1日号

Twitterで見かけた『続・尊敬できる「日用品」』という言葉に惹かれ、コンビニへ買い求めに走ったBRUTUS 2014年2月1日号。 続・尊敬できる「日用品」 BRUTUS (Amazon.co.j …

体温を上げると健康になる(著:齋藤真嗣)

しばらく前に、新型インフルエンザ対策のため、会社から毎朝の検温を指示されました。検温するようになり、私の体温が35度台ということを知りました。酷いときには、35.0度になったこともありました。 少し気 …

筆箱採集帳(著:ブング・ジャム)で、気になるあの人の筆箱を覗く。

身なりのしっかりした彼が、どういうわけか、古ぼけたペンを使っている。「このペンはどうしたの?」と聞くと、「実はこのペンは、子供の頃に、ある団体に参加していて、そのときの記念品なんだ。」と、ペン1本から …