Google ADS 自動サイズ

本・雑誌

「仕事ができる人」はノートに何を書いているのか? THE21 2010年03月号

更新日:

「仕事ができる人」はノートに何を書いているのか? THE21 2010.03号の写真

THE21 2010年03月号に、『「仕事ができる人」はノートに何を書いているのか?』という記事が掲載されていました。前回の日経ビジネスアソシエに引き続き、ノート術の記事の紹介をします。

目次

  • 第1部 必ず結果を出す人の「一流のノート術」
    • Introduction
      • 成功者はなぜ、ノートの使い方がうまいのか?
    • Special Interview
      • パーク・コーポレーション社長 井上英明
      • CS・ホスピタリティ総合プロデューサー 林田正光
      • ユナイテッドアローズ上級顧問 栗野宏文
      • フレッシュネス社長 栗原幹雄
      • お笑い芸人 ロザン
      • ノートの達人 奥野宣之
      • ノートの達人 美崎栄一郎
  • 第2部 シチュエーション別・成果3倍アップのノート術
    • Practical advice
      • 会議&打ち合せ編
      • 読書&セミナー編
      • 営業&商談編
      • モチベーションアップ編
      • 思考整理&問題解決編
      • アイデア発想編
    • Note Hacks
      • 厳選 一気に機能アップする「+αノートハックス」
    • Books Guide
      • 「ノートの達人」のノウハウを学ぶブックガイド

書き移すことはムダ?

「仕事ができる人」はノートに何を書いているのか? THE21 2010.03号の写真

私は週に1回程度、仕事用ノートに書き出してあるタスクを、そのノートの新しいページに書き移しています。書き移すタスクは、まだ完了していないタスクです。ポストイットで管理すれば、書き移す手間がなくなりますが、私は書き移す方が好きです。

なぜ書き移す方が好きなのか、具体的な理由をうまく説明できずに居たのですが、THE 21の記事に、私が言いたかったことが載っていました。

「書き移す」という行為は、頭のなかの整理にもつながります。時間を置いて少し冷静になって考えると、これはたいした情報、アイデアではなかったなということもある。また、いますぐにやるべきことは何なのか、優先順位がつけられます。(林田正光 P.16)

THE21の記事で説明されているように、私は、タスクを書き移すことで、優先順位を見直したり、不要な物を削除したり、他者のフォローをしたり、そのタスク関連の新たな作業を発見していました。

ときどき、「書き移すの、めんどくさいな。」と思って、パソコンで管理してみようとしたり、ポストイットで管理してみようとしたりするのですが、仕事をやり忘れていてあわてたり、その仕事関連のタスクに気付けなかったりと、困ることがありました。

そのため最近は、めんどくさくて、ムダに思えても、ちゃんと書き移すことにしていました。しかし、THE 21の林田正光さんの記事のおかげで、これには、ちゃんと、意味があったんだということを実感でき、安心しました。

THE21を探す→Amazon.co.jp

PlusDiary 336px

PlusDiary 336px

-本・雑誌

Copyright© 手帳 | PLUS DIARY , 2017 AllRights Reserved.