Google ADS 自動サイズ

Art

映画「アリス・イン・ワンダーランド」を観てきました!

更新日:

アリス・イン・ワンダーランドのスクリーンショット

シザーハンズを探す→楽天市場Amazon.co.jp

映画「シザーハンズ」を創った、ティム・バートン監督とジョニー・デップの、映画「アリス・イン・ワンダーランド」を観てきました。

近所の映画館では、映画「Dr.パルナサスの鏡」をやっていなかったほどなので、そんなに人気無いだろうから、公開初日でもレイトショーなら余裕を持って観られるだろうと思い、映画館に足を運んだところ、どういうわけか大混雑。放映ぎりぎりの時間にチケットを購入して、どうにか観ることができました。

3D上映で観ましたが、アバターの凄さをあらためて実感。3D映像の凄さだけで言ったら、アバターは別格です。しかし、アリス・イン・ワンダーランドは、3Dを見せるための映画ではなく、3Dを映画の道具として利用し、映画の中にある不思議な世界へ観客を引き込んでいました。

また、今回、私は日本語吹き替えで観ましたが、字幕での鑑賞をお勧めします(近所では日本語吹き替えしかなかった)。ティム・バートン監督が創った不思議な世界を、その世界のまま体験するには、どうしても日本語が邪魔になります。以前、映画「TAXi」に出会ったとき、ラップのようなテンポの良いフランス語で登場人物たちが会話しているのを観て、とても驚いたのを覚えています。そして、そのテンポの良い弾んだ話し方が、TAXiの魅力でもありました。

私、フランス語まったくわかりませんが、それでもTAXiはフランス語で楽しみたいと思います。それと同じように、ティム・バートン監督が創ったアリス・イン・ワンダーランドも、英語の雰囲気で楽しみたいと思いました。

シザーハンズを探す→楽天市場Amazon.co.jp

TAXiを探す→楽天市場Amazon.co.jp

PlusDiary 336px

PlusDiary 336px

-Art

Copyright© 手帳 | PLUS DIARY , 2017 AllRights Reserved.