未分類

アジャイルと創造性

投稿日:2010/05/24 更新日:

Apple キーボード

私の職業は、IT技術者。ということで、自分の仕事を忘れないために、たまにはIT技術関係の話題を取り上げてみようと思う。

この数年、アジャイル開発手法が日本でも広まりつつある。私がアジャイル開発手法に出会ったのは、Kent BeckがeXtreme Programmingを広め始め、日本でようやく書籍が出始めたころだった。その頃、アジャイルの面白さを説明をしたところ、鼻で笑われ悲しい思いをした記憶がある。

アジャイル開発手法とは、「設計」「実装」「テスト」「リリース」を短いスパンで繰り返し実施する特徴がある(テストと実装が逆になることもある)。リリース後、お客様のレビューを受け、意見を聞き、さらに機能を追加して行く。

つまり、アジャイル開発手法は、お客様の要望を、次々に叶えて行く開発手法と言える。

そこで私は、ひとつひっかかった。「お客様の要望を、次々と叶えて行く」ということは、開発者の創造性はどこで発揮されるのだろうかと。

お客様の要望を叶えるために、美しいコードを創造することはできるが、ソフトウェアの存在を創造することができないのではないか。

このことを考えていたとき、あるブログ記事のことを思い出した。

Apple以外のメーカーは、ユーザーの声を聞く、という言い訳のもとで、「欲しいものを言ってください、それを全部作りますよ」、という姿勢をとっている。しかしAppleはそれはメーカーとして、いやクリエイターとして怠慢だろうと言ってるのだと僕は考えます。
iPad上陸間近。世界を変える商品の作り方 – 小川浩( @ogawakazuhiro )

アジャイル開発手法は、開発者が「どんな美しいコードを書き上げるか?」という点での創造性を発揮することができるが、「作ったモノにより、どのように社会に影響を与えるか?」という点での創造性を発揮することは、できないのではないだろうか。

これからのアジャイル開発手法には、開発者が、社会的な面での創造性を発揮するために、どのようなプロセスを取り入れ、どのように考えるかがポイントになるような気がする。

新しいモノが好きでIT技術者やってるのに、未来を予言し新しいモノを創造することが出来なくなってしまうなんて、悲しいじゃないか。

未来を予言する一番簡単な方法は、自分で未来を創造することだ。
アラン・ケイ

-未分類

執筆者:

関連記事

実用的で部屋のインテリアに溶け込む、無印良品 LED懐中電灯の写真付きレビュー

3.11の東日本大震災の翌日、懐中電灯を買いました。購入したのは、無印良品のLEDポリカーボネート懐中電灯・小です。購入した時には、まさか懐中電灯が品不足になるとは思っていませんでした。「自宅に懐中電 …

リボルテック ダンボー・ミニ Amazon.co.jpボックスバージョンの写真付きレビュー

ときどき、ネットで写真をみかけるダンボーのフィギュア。以前から、欲しいと思いながら在庫がないことが多くて購入をためらっていました。しかし、先日、ほしのさんの、ちゃんねるDaysでダンボーが届いたという …

有田焼の角皿。色彩豊かで美しい。

先日、実家に帰省したところ、有田焼の角皿(季節彩皿 肥前有田 華山 十一代 萬右衛門)をもらいました。銀座ステファニー化粧品さんが、創業二十周年を記念して配布したお皿だそうです。 化粧品屋さんらしい、 …

REGALのスニーカー

私は靴をあまり持っていません。持っているのは4足だけです(スニーカー1足、ブーツ1足、仕事用の革靴2足)。靴を買い足すこともしません。 1足壊れたら買い替えるようにしています。そのため下駄箱の中はすっ …

EDWIN E-Functionのレビュー

EDWIN | E-Function EDWIN E-Functionを探す→楽天市場 手持ちのデニムが、少し、くたびれてきたので、しばらく前から新しいデニムの購入を考えていました。 近所のお店に行き …