Google ADS 自動サイズ

文具レビュー

ショットノート(SHOT NOTE)の写真付きレビュー

更新日:

ショットノートの写真

私は、アイディアを溜めるのが下手です。アイディアを書きっぱなしにして、忘れてしまう事が多いです。

今回紹介する「キングジム ショット ノート(KINGJIM SHOT NOTE)」は、iPhoneでアイディア管理しやすくする、文房具とアプリです。

ショットノート for 紙

ショットノートの写真

ショットノートには、「紙のメモ帳」と「iPhone用アプリ」があります。紙とiPhoneを組み合わせて使うことで、簡単にアイディア管理することができます。使い方は、以下の2ステップです。

  1. 紙のショット ノートに、メモを書く
  2. iPhoneアプリのショット ノートで、紙のショット ノートのメモを撮影する

サイズは、3種類あります。

  • Lサイズ:214 x 146mm
  • Mサイズ:154 x 102mm
  • Sサイズ:115 x 77mm

LサイズがA5サイズくらいの大きさ、MサイズがA6サイズくらい、SサイズがA7サイズくらいの大きさです。

ショットノートの写真

ショットノートには、5mmの方眼が付いています。薄いグレーのドットで書かれた方眼なので、ほとんど目立たず、書いた文字の邪魔になりません。

紙質は、コシがあって滑らかです。厚紙が背面にあるため、手に持ったまま書くこともできます。

ショットノートの写真

ショットノート上部には、「No.」と「DATE」の欄があります。この欄に、電卓の数字のように文字を書き込むと、iPhoneアプリで読み込むときに数字として読み込んでくれます。

ショットノートの写真 ショットノートの写真

ショットノート背面には切れ込みがあり、開いた表紙を差し込む事ができます。

ショットノート for iPhone

ショットノートのスクリーンショット

iPhoneのショットノートを起動すると、撮影したメモの一覧が表示されます。この一覧から、左下にあるカメラのアイコンをタップすると、メモ帳撮影のためのカメラが起動します。

ショットノートのスクリーンショット ショットノートのスクリーンショット

起動したカメラで紙のショットノートを撮影すると、写真が多少斜めになっていても、iPhoneの画面にぴったり収まる形で画像保存することができます。

まとめ

紙のショットノートは、文房具として良くできたメモ帳だと思います。ロディアなみと言ったら大げさかもしれませんが、それほどよくできたメモ帳です。

iPhoneのショットノートは、必要な機能が収まっているので不自由無く使えると思います。ただ、1点気になるのは、紙のショットノートを写真撮影するときに音が出ることです。写真撮影なので仕方ないかもしれませんが、音がなければもっと気軽に使えると思います。

そんなわけで、紙のショットノートは文房具として良くできていますから、とりあえず、普段使いのメモ帳として使いつつ、iPhoneのショットノートと連携させて使ってみたいと思います。

紙のショットノートを探す→Amazon.co.jp楽天市場
iPhoneのショットノートを探す→SHOT NOTE - KING JIM CO., LTD.

PlusDiary 336px

PlusDiary 336px

-文具レビュー
-

Copyright© 手帳 | PLUS DIARY , 2017 AllRights Reserved.