Google ADS 自動サイズ

Mac・モバイル 手帳

Evernote初心者の「EVERNOTE情報整理術」入門

更新日:

EVERNOTE情報整理術と、iPhoneと、Moleskineの写真

先日、「EVERNOTE情報整理術」を読んでから、Evernoteをちゃんと使うようになり、1週間ほど経ちました。

そんなわけで、Evernoteをまだ使った事がない人のために、Evernoteを使いはじめて1週間程度の私でもできた、Evernoteでの情報整理術を紹介します。

道具

Evernoteで情報整理するための道具は、iPhone、Moleskine、Macです。それらを持っていない人は、携帯電話、ノート、パソコンと読み替えていただければ良いと思います。

iPhone
メールや、Fasteverを使って、メモをEvernoteに送っています。
Moleskine
iPhoneを使いにくいとき(図が必要なときなど)に、メモを書き込んでいます。
Mac
Evernoteのクライアントを使用して、iPhoneやMoleskineを通して作成したメモを整理します。

Evernoteの設定

Evernoteの設定は、以下の通りです。

ノートブックの設定

ノートブックは、基本的にGTDの項目で管理しています。GTDと1点違うのは、「08.Want」を用意していることです。「08.Want」は、欲しいものリストです。欲しいもの1つを1つのノートに書き込み、そのものに関するメモを、そのノートに書き込んでいます。

  • 00.Inbox
  • 02.Someday
  • 03.Projects
  • 08.Want
  • 09.Reference

タグの設定

タグは、「EVERNOTE情報整理術」で解説されていた、「5W1H」で管理しています。たとえば、「When」のタグの下には「2011年01月」のタグがあったり、「Who」のタグの下には「岡本太郎」があったりします。つまり、5W1Hの形式でタグを作成し、その下に5W1Hに沿った名詞のタグを入れてあります。なお、本だけ別管理したいため、「Books」のタグを作ってあります。

  • Books
  • How
  • What
  • When
  • Where
  • Who
  • Why

運用方法

  1. 外出先から、iPhoneを使って情報をEvernoteに送ります。
  2. 外出先で、図が必要なメモを書くときには、Moleskineに書き留めます。
  3. 帰宅後、Macを起動し、EvernoteのInboxに溜まった情報を整理します。さらに、Moleskineに書き込んだメモをEvernoteに書き写します。

まとめ

Evernoteを使い始めてから、ほんの1週間程度ですが、ここまで情報の流れが変わるとは思いませんでした。しかも、GTDとEvernoteの相性が良いため、GTDによる情報整理の流れを、今まで以上にうまくできるようになりました。

今後、Evernoteを更に使い込んで、自分なりのスタイルを創り上げて行こうと思います。

EVERNOTE情報整理術を探す→Amazon.co.jp
Fasteverを探す→FastEver - rakko entertainment

PlusDiary 336px

PlusDiary 336px

-Mac・モバイル, 手帳
-, ,

Copyright© 手帳 | PLUS DIARY , 2017 AllRights Reserved.