Google ADS 自動サイズ

本・雑誌

すべての仕事を紙1枚にまとめてしまう整理術(著:高橋政史)

更新日:

すべての仕事を紙1枚にまとめてしまう整理術(著:高橋政史)の写真

短時間のうちに大量の資料を読み、整理して、見解を考え、1枚の紙にまとめることができたら、仕事が楽になると思いませんか?仕事で資料を読むことが多い人は、とくにそう感じられているのではないかと思います。

そんなことを日々感じていたところ、「すべての仕事を紙1枚にまとめてしまう整理術(著:高橋政史)」という本を見かけて、本当にそんなことができたら、どんなに仕事が楽になるだろうかという気持ちがよぎり、読んでみることにしました。

目次

  • まえがき
  • 第0章 紙1枚で整理するとはどういうことなのか
  • 第1章 思考力・仮説力を磨き上げるSの付箋
  • 第2章 インプット・アウトプットの効率を劇的に高める 16分割メモ
  • 第3章 本を1冊15分で読むキラー・リーディング
  • 第4章 いらないものをシンプルに捨てる1枚引き継ぎマップ
  • 第5章 会議時間を半分にするマッピング・コミュニケーション
  • 第6章 言いたいことが誰にでも伝わる3つの型と1・2・3マップ
  • 第7章 どんな相手も納得させる物語プレゼンテーション
  • あとがき

紙1枚にまとめる方法とは?

「すべての仕事を紙1枚でまとめてしまう整理術」で、実際にどのように紙1枚にまとめているのかというと、目的に応じて用意された7つのフォーマットを使って、仕事を紙1枚にまとめる方法が紹介されています。

  1. 3分間でどんな難題も整理でき、思考力や仮説力を磨く「Sの付箋」
  2. 電車の中などの隙間時間でプレゼン資料が完成する「16分割メモ」
  3. 1冊15分で、本の内容をまとめてしまう「キラー・リーディング」
  4. 3tトラック1台分の資料を4畳半にスリム化した「1枚引き継ぎマップ」
  5. 会議時間が1/2になる「マッピング・コミュニケーション」
  6. 企画書や報告書がロジカルに変わる「1・2・3マップ」
  7. 説得力のあるプレゼンができる「物語プレゼンテーション」

目的に応じてフォーマットが用意されているため、今すぐ必要な物から読んで、実際に使うこともできます。しかし、1時間ほどで読める読みやすい本ですので、さっと読んだあとに、すぐに必要な部分をじっくり読むという読み方が良いと思います。

読んですぐできるようになるか?

7つのフォーマットの使い方を読んで頭で理解してすぐ使えるものかというと、それは少し違うようです。読みやすい文章ですので、読んだだけですぐにできるような気になってしまいますが、実際に使えるようになるには、本を読みながら1つずつ実践する必要がありそうです。

あとがきに掲載されている、著者の師の言葉がすべてを物語っています。

スキルはもう十分でしょ。軸をぶらしてはいけない。人は情報過多になると、軸がぶれてしまう。スキルはもういいから、まず1つでもいいからシンプルなことを実践してみなさい。(著者の師の言葉 P.189)

まずは、1つ実践して身につけることが大切です。実践して経験を積み重ねることで、誰もが知っているありふれたスキルでさえ、協力な武器になることでしょう。

すべての仕事を紙1枚にまとめてしまう整理術→Amazon.co.jp

 

PlusDiary 336px

PlusDiary 336px

-本・雑誌

Copyright© 手帳 | PLUS DIARY , 2017 AllRights Reserved.