Art

映画『アバター』の感想

更新日:

アバターのスクリーンショット

3D映画『アバター』を観てきました。

アバターの雰囲気を端的に言うと、風邪の谷のナウシカと、エヴァンゲリオンと、攻殻機動隊と、スターウォーズを混ぜ合わせたような世界観の中で、ドラクエ風ストーリーが展開されるような。そんな映画です。

世界観は洗練されているけど斬新なものではありませんし、ストーリーも王道的な物です。しかし、洗練され、見慣れた世界とストーリーがあるおかげで、3Dと音の臨場感で、映画の中に気持ちよく入り込むことができます。

たぶん、世界観やストーリーが気になってしまうような映画では、3D映像の楽しみが薄れてしまうと思います。アバターは、3D映像を見せるための映画なので、意図的にそのような世界観とストーリーを持ってきたのだと思います。

アバターは、3D映像を広める映画として大成功の作品だと思います。しかも、映画館に行かないと簡単に味わえない3D映像と音の臨場感なので、テレビの前から映画館へお客さんを呼び戻す力を持った映画としても、成功しているように思います。

アバターを探す→Amazon.co.jp

おすすめ記事

1

  たいていのミニマリストは持ち物の数を減らしてスマホに集約という流れのようですが、スマホや携帯すら持たない、プロギャンブラーのぶきさんへのインタビュー記事を先日読み、心惹かれました。 私は ...

2

「能率手帳ゴールド」の中身が、そのままノートになったらどんなに素敵な事だろうかと、能率手帳ゴールドの愛用者なら一度は考えたことがあると思います。 その夢をかなえてくれるノート「能率手帳GOLD MEM ...

3

PlusDiaryでこれまでに紹介してきた「ほぼ日手帳の使い方」をまとめました。 前年12月ページの使い方 ほぼ日手帳を何年も使い続けていると用途に困る、前年12月ページの使い方です。年間を通して閲覧 ...

-Art

Copyright© 手帳 | PLUS DIARY , 2018 All Rights Reserved.