本・雑誌

筆箱採集帳(著:ブング・ジャム)で、気になるあの人の筆箱を覗く。

更新日:

筆箱採集帳(著:ブング・ジャム)の写真

身なりのしっかりした彼が、どういうわけか、古ぼけたペンを使っている。「このペンはどうしたの?」と聞くと、「実はこのペンは、子供の頃に、ある団体に参加していて、そのときの記念品なんだ。」と、ペン1本から、今の彼からは想像できないキラキラした体験を聞くことができる。

思い出や思い入れのある、ペンや文具がたくさん入った、他人の筆箱を見てみたい。気になるあの人の私生活を覗きたい欲求にも似た思いで、他人の筆箱の中身を見ることができるのが、今回紹介する筆箱採集帳です。

ブングジャムの、高畑正幸さん、他故壁氏さん、きだてたくさんの共著です。

筆箱とその中身について、カラー写真と解説が掲載されています。59人もの筆箱が紹介されているのに、1つとして同じような筆箱がありません。筆箱を持つ人それぞれの個性が垣間見えて楽しいです。

私の好みはやはり、シンプルで上質な物。しかし、女の子らしい柄の筆箱や、学生さんらしい筆箱、建築家さんらしい筆箱など、自分がふだん見ることがない人たちの筆箱も、見ていて楽しいです。

筆箱1つから、その人の生き方が見えるなんていうと大げさかもしれないけれど、その人にとって、大切な出来事、楽しい出来事、悲しい出来事、いろいろな出来事の中で、寄り添うように使われているであろう、その筆箱とペンや文房具たちは、やはり、見ていて楽しいです。

中でも一番気になったのは、保育園園長さんの筆箱の中身。緑のチューブに黄色いキャップのヤマト糊が入っていて、この糊で子供たちに何か作っているんだろうかと想像すると、心が温かくなりました。

筆箱採集帳を探す→Amazon.co.jp

おすすめ記事

1

  たいていのミニマリストは持ち物の数を減らしてスマホに集約という流れのようですが、スマホや携帯すら持たない、プロギャンブラーのぶきさんへのインタビュー記事を先日読み、心惹かれました。 私は ...

2

「能率手帳ゴールド」の中身が、そのままノートになったらどんなに素敵な事だろうかと、能率手帳ゴールドの愛用者なら一度は考えたことがあると思います。 その夢をかなえてくれるノート「能率手帳GOLD MEM ...

3

PlusDiaryでこれまでに紹介してきた「ほぼ日手帳の使い方」をまとめました。 前年12月ページの使い方 ほぼ日手帳を何年も使い続けていると用途に困る、前年12月ページの使い方です。年間を通して閲覧 ...

-本・雑誌

Copyright© 手帳 | PLUS DIARY , 2018 All Rights Reserved.