Mac・モバイル

iPhone4 Black 32GB 入手!写真付きレビュー

更新日:

iPhone4 Black 32GBの写真

予約開始日の6月15日に予約したものの、ずっと入荷連絡がなかった「iPhone4 Black 32GB」。本日 7月10日14:00頃。入荷したとの連絡が、ようやくあった。

店頭に到着し、予約伝票を受け付けに渡すと、店員さんがパソコンを操作し始めた。しばらくすると、処理に10分ほどかかりますので少しお待ちくださいとのこと。10分ほど店内を見て回り、受け付けに戻り、2つの書類にサインをすると、SoftBankの紙袋を渡された。

あまりにも簡単に受け付けが終わったので、「何か忘れてない?」という気分で呆気にとられていると、「もうこれで大丈夫ですので、お持ちください」とのこと。本当に大丈夫なのか不安になり、車の中でiPhone4を取り出し、Safariを起動しWebを参照した。ちゃんと繋がった。

iPhone4は予約が殺到したため、予約システムの問題や、入荷が遅い問題があった。しかし、予約問題さえなければ、予約から商品の受け渡しは、呆気にとられるほど簡単な仕組みにされていたようだ。

iPhone4 Black 32GBの写真

帰宅後、iPhone4をiTunesと繋げて同期。メールアプリやWifi、Twitterアプリなど、いくつかパスワードを入力しただけで、今まで使っていたiPhone3GSと同じことができるようになった。iOS4から追加されたユーザ辞書も、しっかり移行されている。iPhone3GSからiPhone4への乗り換えも、呆気にとられる程簡単だった。

iPhone4で一番楽しみにしていたのは、Retinaディスプレイ。iPhone3GSより高解像度なディスプレイになったことで、視覚情報にどのような変化が訪れるのかが楽しみだった。

iPhone3GSのディスプレイも奇麗だと思っていたが、iPhone4のRetinaディスプレイはまったく別物だ。iPhone3GSとiPhone4のディスプレイを見比べるとよくわかるのだが、iPhone3GSは滲みがある。iPhone4のRetinaディスプレイに慣れてからiPhone3GSを使用すると、ピントがぼけているように感じるかもしれない。

iPhone4 Black 32GBの写真iPhone4 Black 32GBの写真

iPhone4は、今までのiPhoneからデザインを変更している。iPhone3GSまでにあった背面の丸みがなくなり、シンプルなデザインになった。

iPhone4 Black 32GBの写真iPhone4 Black 32GBの写真

音量ボタンは、丸いボタンの中に「+」「-」のボタン。1990年代のMacintoshやPowerBookのようなデザインを感じさせてくれる。少し野暮だけれどカッコイイ、機能美を追求したような、あの頃のデザイン。私が好きなデザインだ。

そしてもう一つ、私はiPhoneをジーンズの左前ポケットに入れて歩くことが多いのだが、スリムになったiPhone4のおかげで、iPhone3GSより違和感なくポケットに入れられる。

iPhone4の利用準備が整った。これから少しずつ、iPhone4独自の機能を試して行こうと思う。

おすすめ記事

1

  たいていのミニマリストは持ち物の数を減らしてスマホに集約という流れのようですが、スマホや携帯すら持たない、プロギャンブラーのぶきさんへのインタビュー記事を先日読み、心惹かれました。 私は ...

2

「能率手帳ゴールド」の中身が、そのままノートになったらどんなに素敵な事だろうかと、能率手帳ゴールドの愛用者なら一度は考えたことがあると思います。 その夢をかなえてくれるノート「能率手帳GOLD MEM ...

3

PlusDiaryでこれまでに紹介してきた「ほぼ日手帳の使い方」をまとめました。 前年12月ページの使い方 ほぼ日手帳を何年も使い続けていると用途に困る、前年12月ページの使い方です。年間を通して閲覧 ...

-Mac・モバイル
-

Copyright© 手帳 | PLUS DIARY , 2018 All Rights Reserved.