文具レビュー

最近お気に入りの万年筆2本

更新日:

ミニ万年筆2本の写真

ミニ万年筆を良く使っています。1本はMONTBLANC モーツァルト。もう1本は2005年のLapitaの付録の檸檬色の万年筆です。

もともと、MONTBLANC モーツァルトにROYAL BLUEのインクを入れて使っていたのですが、MIDNIGHT BLUEのインクを試してみたいと思い、押し入れの中で眠っていた檸檬色の万年筆を使い始めました。

MIDNIGHT BLUEのインクとの相性が良かったようで、さらさらと気持ちよく書くことができるため、インクの試し書きのために取り出したつもりが、いつの間にかメインで使うようになっていました。

そういえば、もう、ずいぶん前になりますが、ファッション誌で「ミニ万年筆を、ワイシャツの胸ポケットにさすのがオシャレ」といった記事がありました。ペンのクリップ部分に宝石が埋め込まれたミニ万年筆は、アクセサリーとして十分成り立ちそうでした。

先日、万年筆を販売している通販サイトをいろいろ見てまわっていたところ、「オシャレ文具のMONTBLANC」という紹介をされていたのを見かけて、違和感を覚えました。

私にとってMONTBLANCは、実用品であり愛用品です。気持ちよく、さらさらと書くことができるため、いつまでも文字を書いていたい気持ちにさせてくれる、特別な万年筆です。

そのため、オシャレのために持つのではなく、書くのを楽しむために持ってもらいたい万年筆です。

ただし、MONTBLANCの万年筆の中には、宝石をあしらったものもあるので、そういったものは、書くことを楽しみつつ、オシャレのために持つのも良いのではないかと思います。

おすすめ記事

1

  たいていのミニマリストは持ち物の数を減らしてスマホに集約という流れのようですが、スマホや携帯すら持たない、プロギャンブラーのぶきさんへのインタビュー記事を先日読み、心惹かれました。 私は ...

2

「能率手帳ゴールド」の中身が、そのままノートになったらどんなに素敵な事だろうかと、能率手帳ゴールドの愛用者なら一度は考えたことがあると思います。 その夢をかなえてくれるノート「能率手帳GOLD MEM ...

3

PlusDiaryでこれまでに紹介してきた「ほぼ日手帳の使い方」をまとめました。 前年12月ページの使い方 ほぼ日手帳を何年も使い続けていると用途に困る、前年12月ページの使い方です。年間を通して閲覧 ...

-文具レビュー
-

Copyright© 手帳 | PLUS DIARY , 2018 All Rights Reserved.