手帳 文具レビュー

能率手帳とクルトガ・パイプスライド

更新日:

R0002978

中学から高校にかけてイラストを描いていた時期がありました。私はイラストを描くのがとても下手だったため、シャープペンや鉛筆で線や円を描く練習から始めて模写を繰り返し、どうにか人に褒めてもらえるようなイラストを描けるようになりました。

ところで、ソフトウェア開発をしていると図を描くことがよくあります。最近とくに図を描くことが多く、図を描くことはイラストを描くことに似ているため、ボールペンや万年筆より、子供の頃にイラストを描く練習をしたシャープペンの方が仕事しやすいだろうかと思うようになり、試しにシャープペンを使ってみることにしました。

子供の頃に使っていたシャープペンは持っていないため、あらたにシャープペンを購入しました。購入したのは、クルトガ・パイプスライドモデルです。

購入する際検討した点は、ほかの持ち物に合わせて黒いペン軸のシンプルなものということや、図を描きやすいように軽いものということでした。

そういった条件で探したところクルトガ・パイプスライドモデルがちょうどよさそうだと思い、さらに調べてみたところ、パイプスライドという機構がありました。

R0002963

使用時は上の写真のようにペンの先端のシルバーのパイプ部分が出てきます。

R0002966芯をしまうと、ペンの先の先端のシルバーのパイプ部分も一緒に中に入ります。シルバーのパイプ部分がひっこむことで、ワイシャツの胸ポケットにペンをさして持ち歩くときに、ワイシャツの生地を傷めずに済みます。

パイプスライド機構には、1回のノックで長く書けるとか、芯が折れにくいといったことがメインの特徴のようですが、私が気に入ったのは、上記のようにワイシャツの生地を傷めないということでした。

三菱鉛筆 シャープペン クルトガ パイプスライド(Amazon.co.jp)
三菱鉛筆 シャープペン クルトガ パイプスライド(楽天市場)

おすすめ記事

1

  たいていのミニマリストは持ち物の数を減らしてスマホに集約という流れのようですが、スマホや携帯すら持たない、プロギャンブラーのぶきさんへのインタビュー記事を先日読み、心惹かれました。 私は ...

2

「能率手帳ゴールド」の中身が、そのままノートになったらどんなに素敵な事だろうかと、能率手帳ゴールドの愛用者なら一度は考えたことがあると思います。 その夢をかなえてくれるノート「能率手帳GOLD MEM ...

3

PlusDiaryでこれまでに紹介してきた「ほぼ日手帳の使い方」をまとめました。 前年12月ページの使い方 ほぼ日手帳を何年も使い続けていると用途に困る、前年12月ページの使い方です。年間を通して閲覧 ...

-手帳, 文具レビュー

Copyright© 手帳 | PLUS DIARY , 2019 All Rights Reserved.