手帳

能率手帳ゴールドの革のメンテナンス

更新日:

R0003158

たまには手帳の手入れをしようと思い立ち、押入れの中から革の手入れセットを出してきて、能率手帳ゴールドの手入れをすることにしました。

R0003163

特に気になっていたのが、上の写真の赤い丸の中の白くなったところです。

使っていくうちにこういった擦り傷はできていくものです。その傷を放置してあらゆるところが傷だらけになったら、ただ汚らしいものになってしまいますが、メンテナンスして大切につかってやると、道具を使い込んだ風合いになり愛着がわきます。

R0003171

さて。革の手入れですが、まずは軽くブラッシングして表面のホコリをとります。

ゴシゴシこすると傷になるので、冷えてしまったお腹をさすって温めるような力加減で、やさしくブラッシングします。

R0003179

つぎに、革用のクリームを少し布に取ります。

人差し指の先くらいの面積の布の表面に、クリームがうっすらと付くくらいの量をとります。

R0003186

クリームを布にとったら、革の表面に薄く延ばします。

水彩絵の具で色を塗るときのような薄さです。この例では白色の革クリームを使用していますが、白い色が透明になって見えなくなる程度の薄さで塗っています。

R0003192

手入れし終わった傷の部分を見てみると、上の写真の赤い丸の中を見るとわかるように、白い擦り傷が目立たなくなりました。

擦り傷の状態にもよりますので、なんでも目立たなくなるというわけではありませんが、手入れをした傷は手帳を使い込んだ風合いになり、愛着が増します。

R0003189

最初の写真とあまり変わり映えありませんが、手入れした後の手帳の写真です。

見た目が劇的に変わるわけではありませんが、手入れした記憶は愛着に繋がります。10分~15分程度の短い時間で手入れできますので、休日の空き時間に珈琲でも飲みながらゆっくり手入れすることをお勧めします。

 

おすすめ記事

1

  たいていのミニマリストは持ち物の数を減らしてスマホに集約という流れのようですが、スマホや携帯すら持たない、プロギャンブラーのぶきさんへのインタビュー記事を先日読み、心惹かれました。 私は ...

2

「能率手帳ゴールド」の中身が、そのままノートになったらどんなに素敵な事だろうかと、能率手帳ゴールドの愛用者なら一度は考えたことがあると思います。 その夢をかなえてくれるノート「能率手帳GOLD MEM ...

3

PlusDiaryでこれまでに紹介してきた「ほぼ日手帳の使い方」をまとめました。 前年12月ページの使い方 ほぼ日手帳を何年も使い続けていると用途に困る、前年12月ページの使い方です。年間を通して閲覧 ...

-手帳
-

Copyright© 手帳 | PLUS DIARY , 2019 All Rights Reserved.