Mac・モバイル

キャンプ・ソーラーパネル・サステナビリティ

投稿日:

2019年10月。ずっとやりたいと思っていたキャンプのためにテントを購入し、自然の中で過ごす楽しさに引き込まれ、ブログの更新もすっかり忘れていました。

子供のころ、祖父母のミカン畑を走り回って過ごしていたころから比べると、いまどきのキャンプは最低限の電源も確保できて快適に過ごすことができます。

ティピーテントとソーラーパネル

ティピーテントにソーラーパネルを吊るせば、スマホやNintendo Switchの充電もまったく問題ありません。サステナビリティとか防災といったことを考えると、持ち運びできるソーラーパネルの役割は、これから高まっていくように思います。

ちなみに、写真のテントは「tent-Mark DESIGNS パンダライト」、ソーラーパネルは「Anker PowerSolar 3-Port 24W」です。

tent-Mark DESIGNS パンダライトは、テンマクデザイン(tent-Mark DESIGNS)というメーカーの、パンダライトという商品名のティピーテントです。「旅キャンプ」がテーマのテントで、バックパックに入れて簡単に持ち運ぶことができ、キャンプ場からキャンプ場への移動が楽で、設営も簡単という特徴があります。

Anker PowerSolar 3-Port 24Wは、Ankerというメーカーのソーラーパネルです。ソーラーパネルとしては小型であるため、発電量がそれほど大きくありません。快晴の日はスマホの充電も難なくこなせますが、ちょっとして曇り空でも充電できない場合があります。

なお、Ankerは中国企業ですが、主力製品のモバイルバッテリーやUSBケーブルの品質に大きな不安はなく、日本国内でもある程度製品が普及しており実績もあります。

風力発電

静岡県磐田市の竜洋海洋公園キャンプ場の近くでは、風力発電が盛んにおこなわれています。

数十メーターもあるプロペラが、ゆったりと回る姿は異世界に踏み込んだような非日常感と迫力があります。

キャンプ場に行って自然を感じ、その近辺を散歩して自然からエネルギーを得ているところを見学するのは、自分自身の人生観に良い影響をあたえられるような気がしました。

いますぐ何か変わるわけではないけれど、1%でもよい影響があり、日々の行動に変化があれば、5年後10年後の自分自身が大きく変わるのではないかと思います。




おすすめ記事

1

  たいていのミニマリストは持ち物の数を減らしてスマホに集約という流れのようですが、スマホや携帯すら持たない、プロギャンブラーのぶきさんへのインタビュー記事を先日読み、心惹かれました。 私は ...

2

「能率手帳ゴールド」の中身が、そのままノートになったらどんなに素敵な事だろうかと、能率手帳ゴールドの愛用者なら一度は考えたことがあると思います。 その夢をかなえてくれるノート「能率手帳GOLD MEM ...

3

PlusDiaryでこれまでに紹介してきた「ほぼ日手帳の使い方」をまとめました。 前年12月ページの使い方 ほぼ日手帳を何年も使い続けていると用途に困る、前年12月ページの使い方です。年間を通して閲覧 ...

-Mac・モバイル
-

Copyright© PLUS DIARY , 2021 All Rights Reserved.