投資用語集

【投資用語】EPSとは

EPSとは

EPS(Earnings Per Share)とは、1株当たりの当期純利益です。

EPS = 当期純利益 ÷ 発行済み株式総数

 

EPSは高い方が良い

1株当たりの当期純利益が高いということは、株式により集めた資金をうまく使い、多くの利益を出したということになります。

つまり、収益性の高い事業を行っていることになりますので、EPSは高い方が良いということになります。

 

EPSは増加傾向にあるのが良い

EPSが上昇し続けている場合、収益性が上がり続けているということになります。

投資する場合、株価上昇や配当金アップを期待するわけですから、増加傾向にあるのが良いと思います。

ただし、将来に向けて設備投資するなどしてEPSが減少することもあるため、EPSがなぜ増減しているか確認することが大切だと思います。

 

EPSが増加するのはこんなとき

EPSの増加は、以下のような場合に発生します。

  • 当期純利益の増加
  • 発行済み株式数の減少

当期純利益の増加には以下のようなパターンがあります。

  • 経営状況が良くなった場合
  • 負債返済がなくなった場合

発行済み株式数の減少には以下のようなパターンがあります。

  • 自社株買い
  • 株式併合

EPSが減少するのはこんなとき

EPSの減少は、以下のような場合に発生します。

  • 経営状況が悪くなった時
  • 株式分割
  • 新規上場
  • 転換社債の発行
  • ストックオプションの支給

 




おすすめ記事

1

  たいていのミニマリストは持ち物の数を減らしてスマホに集約という流れのようですが、スマホや携帯すら持たない、プロギャンブラーのぶきさんへのインタビュー記事を先日読み、心惹かれました。 私は ...

2

「能率手帳ゴールド」の中身が、そのままノートになったらどんなに素敵な事だろうかと、能率手帳ゴールドの愛用者なら一度は考えたことがあると思います。 その夢をかなえてくれるノート「能率手帳GOLD MEM ...

3

PlusDiaryでこれまでに紹介してきた「ほぼ日手帳の使い方」をまとめました。 前年12月ページの使い方 ほぼ日手帳を何年も使い続けていると用途に困る、前年12月ページの使い方です。年間を通して閲覧 ...

-投資用語集

© 2021 PLUS DIARY