未分類

映画『ココ・アヴァン・シャネル』の感想

投稿日:2010/02/08 更新日:

ココ・アヴァン・シャネル DVDの写真

シャネルを創った、ココ・シャネルの伝記映画。ココ・アヴァン・シャネルを観ました。この映画の中では、ココ・シャネルがデザイナーを本格的に始めるまでの半生を描いています。

シャネルというと、高級なブランドというイメージしかなかったのですが、ある朝、めざましテレビの中で、「ココ・シャネルは、当時奇抜だったジャージ素材や、ボーダー柄のシャツ、セーラー服を女性のファッションに取り入れた」ということを知り、俄然興味がわきました。

ココ・シャネルの時代に限らず、奇抜なものを、奇抜なまま終わらせてしまう人たちが多く居る中、定番になる奇抜なものを見つけ出す能力が、どのように形成されていったのか知りたい気持ちに駆られました。

映画の中で描かれていたココ・シャネルの半生は、貧困の中、富豪の愛人になり、自分の欲しいものを掴んで行ったしたたかな女性でした。太宰治の人間失格の主人公、葉蔵の生き方に似ているかもしれません(破滅に向かわないのは、女性の強さによるもの)。

本から多くのことを学び、ニーチェも読んでいた様子。当時の女性達のデコレーションだらけの不自由なファッションを、機能的なファッションに変えて行ったようです。

女性らしさや男性らしさのような、思想に基づく倫理感から造り上げられた既成概念をいったんぶち壊し、それでも残ったものから、機能美のある新しいファッションを造り上げて行ったように見えました。そのため、ココ・シャネルの造り上げたファッションは不変性があり、当時奇抜だったものが定着し、定番になっていったような気がします。

ココ・アヴァン・シャネルを探す→Amazon.co.jp

-未分類

執筆者:


  1. こんばんは。
    まだ映画は観てないのですが…。
    『花のアスカ組』を描いた漫画家さんがシャネルを主人公にした漫画もありましたね(^-^) 宝石ではなく、アクセサリーをジャラジャラ着けるようなファッションも(本物ではなく偽物をファッションに取り入れる)、確かシャネルが初めてと、何かで読んだ気がします。意志的な凛とした顔つきが、とても印象的な女性ですよね。ブランドとしては、せいぜい化粧品や香水くらいしか手は出ませんが…(>_<;))))

  2. 吉澤 尚志 より:

    ▽朱雀さんへ
    ココ・シャネルがやると、偽物も哲学的ですねっ♪
    しかも、初めて偽物を取り入れるなんて。
    そういうモノ作りができる人間になりたいです。
    いつか、シャネルの腕時計を身に着けてみたいです。

関連記事

FRISKケースに世田谷ベースのステッカーを貼って楽しむ

私はFRISKを仕事中によく食べるので、ステッカーを貼りました。Daytonaという雑誌の付録についていた世田谷ベースのステッカーです。 もともと着いていたFRISKのステッカーをはがして、ケースをき …

ベルナール・ビュフェのポーチ

カバンの中にひとつのポーチを入れています。 そのポーチには、ポケットティッシュやお守り、VICTORINOXのマルチツールカードが入っており、体調がすぐれないときには、薬を入れておくこともあります。 …

5分あればできる、朝のお弁当作り

毎日、お弁当を持って行っていると「誰が作ってるの?」と言われます。 結婚していないうえに、一人暮らしの男が、毎日お弁当を持って行っていると、不思議に思われるようです。 でも、私のお弁当作りは、毎朝5分 …

手帳・文具ブログ管理人のTwitterまとめリンク

★ちゃんねるDays★管理人、ほしのさんの、 文具ブログ書いてる人でついったーやってる人をもっと知りたい気がする。まとめリンクないかなあ….(twitter) というtwitterでのつぶ …

思っている以上に、睡眠は大切

実体験から、睡眠不足が続くと非常に気分が悪くなることを以前から感じていました。情緒が不安定になり、心がどんどん小さくなって消えてしまいそうな気持ちになったり、この世から消えてしまいそうな気持ちになるこ …