本・雑誌

超訳 ニーチェの言葉(著:白取 春彦)

投稿日:2010/02/25 更新日:

超訳 ニーチェの言葉(著:白取 春彦)の写真

ニーチェの名前は、中学生や高校生になる頃には知っていたような気がします。はっきり、いつから知っていたのか思い出せませんが、いつの間にか知っていたような気がします。

しかし、名前を知っていたものの、ニーチェが何をしていた人なのか知りませんでした。詩人のような気がしていたり、思想家のような気がしていたり、哲学者のような気がしていたり、ニーチェは昔の人で言葉を使って何かをしていたらしいという程度の認識しかありませんでした。

数年前から哲学書を読むようになり、ニーチェはどうやら哲学者らしいということを知り、そのうちニーチェの本を読んでみたいと思っていたところ、「超訳 ニーチェの言葉」が出版されているのを知りました。

目次

  • まえがき
  • I 己について
  • II 喜について
  • III 生について
  • IV 心について
  • V 友について
  • VI 世について
  • VII 人について
  • VIII 愛について
  • IX 知について
  • X 美について

ニーチェの哲学は、わかりやすい

「超訳 ニーチェの言葉」は、ニーチェの言葉の中から現代人にも参考になるものを選別してまとめられた本です。

ニーチェの哲学というか独特な思想はカントやヘーゲルのように壮大な体型を目指してまとめあげられたものではない、情熱的な文章で綴られた断片や文章が多い。(まえがき)

ニーチェの哲学は、哲学というより思想です。ニーチェが哲学した結果について、文学的な文章で綴られている思想集です。そのため、哲学は難しくてよくわからないという人にも、わかりやすい内容です。

たとえば、後始末についてのニーチェの言葉。

建築家の道徳とは、家を建てたら足場をきれいに取り払っておくことだ。園芸家の道徳は、枝を伐り終わったら落ちた枝や葉を掃除しておくことだ。
これと同じように、わたしたちも何かをなしたら、きちんと後始末をしなければならない。そうして初めて着手した物事がようやく終わり、完成させたことになる。(IX 知について:193 後始末を忘れない)

このような言葉が、「超訳 ニーチェの言葉」の中に、1ページずつ掲載されています。

1 ページずつ短い言葉で掲載されているので、就寝前、ベッドの中で読むのにおすすめの本です。また、人生で迷いが生じた時、ニーチェの言葉を読んで、迷いを吹き飛ばすのも良いと思います。

超訳 ニーチェの言葉(著:白取 春彦)を探す→Amazon.co.jp

-本・雑誌

執筆者:


  1. […] 何もかも嫌になり、不安や焦りが繰り返し襲ってくる。疲れとネガティブさに気付いたときは、たっぷり寝るのが一番の薬だ。ニーチェも「疲れたらたっぷり眠れ」と言っていたと思う。 […]

関連記事

仕事に効くノート術・日経ビジネスAssocie 2012.07

日経ビジネスAssocie 2012.07号の特集は「仕事に効くノート術」です。この特集は、自分に合うノートの選び方や、成果が上がるノートの使いこなし方などが約80ページに渡って掲載されています。 目 …

すごい文房具 リターンズ

「すごい文房具 リターンズ」は、文房具の中でもアイディア商品を中心とした紹介をされている雑誌です。 目次 この文具がすごい!2011 OKB(お気に入りボールペン)48選抜総選挙 ガムテーブでバッグを …

空気を読むな、本を読め。(著:小飼弾)

日本社会から寛容さが失われ、周囲の目を気にして空気を読むことが異常なほど要求され、自分で考え行動することが悪にされかねない世の中になりつつある気がしています。 そんな気分の中、「空気を読むな、本を読め …

an・an 「はじめての断捨離」特集のレビュー

an・an 2010年9月29日発売号は、約40ページに渡って「はじめての断捨離」特集。 私の部屋も、断捨離のおかげでスッキリ快適になっているので、おさらいも含めて読みました。今回は、読んだ記事の中か …

春の新作 高機能ビジネスバッグ – DIME 2011年 3月1日号

DIME 2011年3月1日号は、「スマートモバイル大解剖」と「春の新作 高機能ビジネスバッグ」特集。スマートモバイル特集も魅力的ですが、私は鞄も好きなので、春の新作高機能ビジネスバッグ特集に惹かれて …