手帳

2011年の手帳選び

投稿日:2010/11/28 更新日:

2011年の手帳選び

去年の今頃は、2010年の手帳は「ほぼ日手帳 オリジナル」以外考えていなかったと思います。しかし、今年は、2011年の手帳に何を使うか迷っています。

きっかけ

ほぼ日手帳 WEEKS 2011」が登場したことで、レフト式の週間ダイアリーを使いたい気持ちが強まりました。以前から、「ほぼ日手帳」にレフト式の手帳があったら使いたいと思っていたので、「ほぼ日手帳 WEEKS 2011」の発表は、とても嬉しいものでした。

とまどい

「ほぼ日手帳 WEEKS 2011」を実際に手にとったところ、3点気になることがありました。そのため、気持ちよく「ほぼ日手帳 WEEKS 2011」に切り替えることができません。

  • サイズが大きい。A6サイズくらいのサイズが良い。
  • ノートをセットにして持ち歩けない。手帳後半に64ページのノート欄があるけれど、私の使い方では、きっとすぐに使い切ってしまう。ノートは差し替え可能なものが良い。
  • カバーの質感が好みではない。良質な革で造られたカバーが良い。

理想的なダイアリーの条件

レフト式の手帳に変えるとしたら、どんな手帳が理想的だろうかと考えてみました。

  • サイズが小さいこと。A6サイズ程度
  • ノートが別冊になっていること。別冊ノートと手帳を、手帳カバーにはさんで一緒に持ち歩けること
  • 質感が良いもの。180度ひらいたままで止まり、1年間使い続けても壊れず、手触りも良い

理想的なダイアリーは・・・

ほぼ日手帳 WEEKS 2011」の登場をきっかけに、理想的なダイアリーの条件を考えるようになり、その条件を叶えてくれる手帳を探しました。すると、1冊の手帳が見つかりました。

その手帳は、「能率手帳 GOLD」です。

「能率手帳 GOLD」は、A6サイズより少し小さめで、別冊ノートがあり、質感も良好です。そのため、能率手帳 GOLDが、今、一番気になる手帳です。しかし、1点気になるのは、能率手帳 GOLDのデザイン。金の縁取りや、フォントや線の配色が好みではないのが気になります。

そんなわけで、機能と見た目、両方が気に入るレフト式の手帳には、まだ出会えていません。2011年の手帳を何にするのかは、しばらく迷うことになりそうです。

-手帳
-, ,

執筆者:

関連記事

休みの日に、ほぼ日手帳を開きましたか?

年末年始には新年の目標を立てるために手帳を使われるかたが多いと思いますが、私は長い休みの間中、ほぼ日手帳を開きませんでした。 休みの間に入った予定や食事をしたお店、食べたもの、行った場所などの記録はi …

来年の手帳構成を考える。テーマはシンプル。

最近、手帳構成の見直しを考えています。減らす技術の影響だと思います。 そこで、最近の手帳構成を書き出し、問題点を見つけ、2010年の手帳構成を考えることにしました。 最近の手帳構成 最近の手帳構成は以 …

ほぼ日手帳が感情を支え、Moleskineが考えを支える。

最近、何か物足りなさを感じていました。 MoleskineとiPhoneさえあれば、日常のいろいろなことを全てこなせるのですが、どうも何かが足りない。機能的な足りなさではなく、気分的な足りなさ。そうい …

LIFEHACK PLANNER 2011年版公式ガイドブック

小山龍介さん監修 ライフハック手帳の、公式ガイドブックが出版されていました。先日紹介したライフハック手帳の本体と、小冊子がセットになった公式ガイドブックです。 セット内容 公式ガイドブック (全29ペ …

ほぼ日手帳とMOLESKINEのペンの組み合わせがお気に入り

ほぼ日手帳とMOLESKINEのペンを組み合わせて使うのが、最近のお気に入りです。 MOLESKINEのペンは、墨汁のように黒々とした黒インクと、鮮血のように力強く躍動感のある赤インクが気に入っていま …