Mac・モバイル マネーリテラシー

【TradingViewの使い方】ウォッチリストの設定方法

投資するときにチャートをチェックしていると思いますが、どんなアプリを利用していますか?とくに決まっていないなら、TradingViewがおすすめです。

TradingViewには、移動平均やMACD、RSIなどを含む100以上のインジケーターがあり、株式、先物、インデックス、仮想通貨など、あらゆる情報をスマートフォンやPCで見ることができます。無料で使える範囲でも十分な機能があります。

そんな素晴らしいTradingViewに、株式や先物などの銘柄をグループ化してリスト表示する、ウォッチリストという機能があります。

自分の投資内容に応じてテーマごとにウォッチリストを作成すれば、その日の相場がわかりやすくなり、チェックしたい銘柄も見つけやすくなります。

そこで今回は、ウォッチリストの作成方法を紹介します。

▼ TradingViewのアイコン

TradingViewのアイコン画像

 

ウォッチリストの作成方法

ウォッチリストを作成するためにTradingViewを起動し、リスト左上のアイコンをタップしてください。

※ 画像のリストは、「ウォッチリスト」という名前の「ウォッチリスト」です。文章で書くとちょっと紛らわしいですが、デフォルトで設定されていたリストだったと思います。

▼ リスト左上のアイコンをタップ。赤枠の場所です。

ウォッチリストのスクリーンショット

 

「+」のアイコンをタップ

リスト右上の「+」のアイコンをタップしてください。

 

▼ リスト右上の「+」のアイコンをタップしてください。赤枠の場所です。

TradingViewのリストのスクリーンショット

 

「ウォッチリスト名」を入力

「新しいウォッチリストを作成」画面で、「ウォッチリスト名」に追加したいテーマのウォッチリスト名を入力します。

今回の例では、「米国株」のウォッチリストを作成します。

 

▼ テンキーを使用して、ウォッチリスト名を入力してください。赤枠の場所です。

新しいウォッチリスト作成画面のスクリーンショット

 

「作成する」をタップ

「ウォッチリスト名」の入力が完了したら、「作成する」をタップしてください。

※ 前述のとおり、今回の例では「米国株」を入力しました。

 

▼ 画面中央の「作成する」をタップしてください。赤枠の場所です。

新しいウォッチリストを作成画面のスクリーンショット(ウォッチリスト名入力後)

 

ウォッチリストの追加が完了したら、「シンボルを追加」をタップ

これまでの手順で「米国株」のウォッチリストを作成できました。

しかし、「米国株」のウォッチリストにシンボル(銘柄)をまだ追加していませんので、「シンボルの追加」をタップしてシンボルを追加します。

画面右上の「+」をタップしても、シンボルを追加するための検索画面に遷移します。

▼ 「シンボルを追加」をタップしてください。赤枠の場所です。

作成したウォッチリストのスクリーンショット

 

追加するシンボルを検索する

シンボル検索画面の検索条件の入力欄に、追加するシンボルの検索条件を入力してください。

※ 今回の例では「apple」を追加します。

 

▼ 検索条件入力欄にappleを入力。赤枠の場所です。

シンボル検索画面のスクリーンショット2

 

シンボルをタップ

検索結果に検索したシンボルが出てきますので、追加したいシンボルをタップしてください。

※ 今回の例では、前述のとおりAppleを追加します。

▼ 追加したいシンボルをタップしてください。Appleの例の場合、赤枠の場所です。

シンボル検索画面のスクリーンショット1

 

米国株のウォッチリストにシンボルを追加完了

米国株のウォッチリストにシンボルを追加できました。

さらにシンボルを追加するには、「+」のアイコンをタップし、シンボルを検索、追加という手順を繰り返します。

今回は例として、TesraとAmazonを追加します。上記の手順に沿って、「+」のアイコンをタップし、シンボルを検索、追加の手順を繰り返してください。

 

▼ 米国株のウォッチリストにシンボルを追加完了

ウォッチリストにApple追加完了のスクリーンショット

 

米国株のウォッチリスト作成完了

シンボルの追加を完了しました。

それでは、リストに戻って「米国株」のウォッチリストが登録されているか確認しましょう。

画面左上のリストのアイコンをタップしてください。

▼ リストのアイコンをタップしてください。赤枠の場所です。

米国株のウォッチリストのスクリーンショット

 

リストに「米国株」のウォッチリスト追加完了

リストの最後に「米国株」のウォッチリスを追加できました。

 

▼ リストの最後に「米国株」のウォッチリスト追加完了

リストのスクリーンショット

 

まとめ

今回は、「米国株」のウォッチリストを作成しましたが、「暗号通貨」や「コモディティ」、「ETF」などテーマごとにウォッチリストを作成すると、その日の相場感がわかりやすくなります。

また、気になる銘柄をチェックするときに、その銘柄を探すのも楽になるのでお勧めです。

まとめると、以下の通りです。

  • ウォッチリストを投資のテーマごとに作りましょう
  • テーマごとのウォッチリストがあると、相場感がわかりやすくなります
  • ウォッチリストで分類すれば、チェックしたい銘柄を探すのも簡単です

 

おすすめの証券会社

楽天経済圏に入っているなら一番おすすめ【楽天証券】

その余っているTポイントで投資してみませんか?【SBIネオモバイル証券】

 

お願い

誤りやアドバイスなどありましたら、Twitterでお知らせいただけると嬉しいです。

 




おすすめ記事

iSpeedのメイン画面 1

楽天証券のアプリ「iSPEED」で損切りアラートを設定する方法 スマホから簡単に株を取引きしたり、株のチャートやニュースを見たりできる楽天証券のアプリ「iSEED」。 楽天証券のアプリ「iSEED」が ...

2

FIREに学ぶ、自分に合った資産の増やし方3パターンとは? 最近テレビでFIREが取り上げられたようです。FIREとは、経済的自立と早期リタイア(Financial Independence, Ret ...

3

  たいていのミニマリストは持ち物の数を減らしてスマホに集約という流れのようですが、スマホや携帯すら持たない、プロギャンブラーのぶきさんへのインタビュー記事を先日読み、心惹かれました。 私は ...

-Mac・モバイル, マネーリテラシー
-

© 2021 PLUS DIARY