未分類

PlusDiary.comの「声」は?

投稿日:

ブログの根底を流れるひとつの「声」のスクリーンショット

ライフハックブログ賞を開催されているLifehacking.jpさんに、『ブログの根底を流れるひとつの「声」』という記事が掲載されました。

この2月で Lifehacking.jp は3周年になるのですが、これはしつこいまでに一つのことばかりを繰り返しやっているブログです。すなわち、「自分を変える小さな習慣」をテーマとして、そのまわりに 1) 欧米の新しい記事の紹介、2) 新しいツールやサービスの紹介、3) 考え方や発見の紹介、しか行いません。 ブログの根底を流れるひとつの「声」 | Lifehacking.jp

Lifehacking.jpさんで言われている「声」とはテーマのことです。テーマを「声」とすることで、ニュアンスが少し変わると思いますが、どうニュアンスが変わるかは、読んだ人それぞれが自由に想像して解釈できるので楽しい表現です。

さて。PlusDiary.comの「声」は何だろうかとしばらく考えました。このネタはうちのブログ向きじゃないとか、このネタは向いているから紹介したいとか、漠然と判断しているのですが、どういう基準なのか言葉にしたことが今までありませんでした。

1日考えて出てきた言葉は、「人生を豊かにするために、増やすこと。減らすこと。本質に迫ること。」その3点でした。

増やすこと

手帳や文房具をメインに、新しい物を手にとって、眺めて、使ったときの感動や喜びを共有できると嬉しいので、その嬉しさを原動力にレビュー記事を書いています。

減らすこと

物が増え、仕事が増え、いろいろなモノが増えてきたときに「減らす技術」に出会いました。

たくさんのモノで溢れかえっていれば、人生が豊で幸せかというと、そうではないように思います。ですから、モノを増やしたときの感動や喜びを紹介するだけでなく、減らすことで得られる感動や喜びも伝えて行ければと思います。

本質にせまること

人生を豊かにするには、より良い考え方ができるようになることが大切と感じています。健康な人も健康ではない人も、子供も老人も、日本人も外国人も、等しく、良い考え方ができる人が他人も自分も幸せにしていると思います。

ですから、物事の本質にせまるための考え方を、本や映画を通して紹介していければと思います。

まとめ

私は基本的に、めちゃくちゃネガティブな人間でしたし、めんどくさがり屋で、なまけものです。

今の私がポジティブに見えるとしたら、自分が嫌な気分になるのが嫌なので、言葉の言い回しを少しずつ変えてきただけです。まめで努力家に見えるとしたら、自分が好きなことに没頭しているだけです。

その中で一貫しているのは、嫌なことやってる暇があったら、没頭できることに集中しよう。そのためには、どうしたら良いだろうか?ということであり、それが私にとっての人生を豊かにするということです。

そして、人生を豊かにするために何をすれば良いのかと考え続けていたところ、「増やすこと、減らすこと、本質にせまること」が浮き上がってきました。

しかし、本質にせまることは、哲学書を読みあさるようになって、ようやく手に入れた考えですし、減らすことは、減らす技術に出会って手に入れた考えです。そのため、今後、増やしたり、減らしたり、本質にせまったりする以外のものも出てくるかもしれません。

そのときは、PlusDiary.comの「声」も少し変わるかもしれません。

「人生を豊かにするために、増やすこと。減らすこと。本質にせまること。」という声をもったPlusDiary.comに共感いただけましたら、ライフハックブログ賞で、投票いただけると嬉しいです。

ライフハックブログ賞 Lifehacking.jp

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

メタルギア ソリッド ピースウォーカー HD エディション プレミアムパッケージの写真付きレビュー

R0010815.jpg

メタルギア ソリッド ピースウォーカー HD エディション プレミアムパッケージを購入しました!

通常版を買うつもりでお店に行ったら、プレミアムパッケージがあったので、思わずお買い上げしてしまいました(^^;

ミニマリストとは

ミニマリストの定義を気にする人が居るようです。 あの人は持ち物が多いから、エセミニマリストだと批判されるかたも居るようです。 そういった批判を気にする人も居るようです。 持ち物が少なくなる傾向にあるの …

no image

映画「V フォー・ヴェンデッタ」で感じた希望

V フォー・ヴェンデッタ(字幕版)

日本政府やJASRACに宣戦布告したアノニマウス。彼らがなぜ、あの仮面をかぶっているのか気になり、その仮面が出てくる映画「V フォー・ヴェンデッタ」を観てみました。

2015年6月に気になった手帳のニュース・Blog記事

最近気になった手帳のニュースやBlog記事をまとめました。 日本手帖の会さんに、「能率手帳との邂逅(part 1/1967〜1973)」と題して、レジェンド石井さんが1967年〜1973年に使用された …

no image

余韻がすばらしい映画。探偵はBARにいる

「探偵はBARにいる」グッズの写真

日常とは、湿気を帯びたかび臭い部屋の中でもがき続けているようなもの。そこから逃げ出すことはできないが、ときおりいつもとは違う風が吹き込む。その風は熱かったり寒かったり気持ちよかったり、酒の匂いがしてくることもあれば、タバコの匂いがしてくることもある。その風を味わうために、逃げ出すことのできない部屋のなかでもがき続けている。「探偵はBARにいる」は、そんな日常と、ときおり吹き込む風を感じられる映画だ。