手帳

365/2手帳 2012年版の写真付きレビュー

投稿日:2011/10/05 更新日:

3652手帳 2012年版の写真

365/2手帳は、ヨコにもタテにも使える半年手帳です。1〜6月の手帳と、7〜12月の手帳がセットになっています。「手帳はポケットに入るもの」というコンセプトから作られている、A6サイズほどのコンパクトな手帳です。

2012年版では、手帳本体の改良と、365/2 note(手帳専用のノート)の追加がありました。それぞれ改善点と特徴は以下の通りです。

手帳本体の改善点

  • 180度に開く製本
  • 土曜日のスペースを拡大
  • 各ページのフリースペースを拡大

365/2 noteの特徴

  • 180度に開く製本
  • メモやスケッチに便利な無地
  • 1ヶ月ピッタリ使えるボリューム

それぞれの詳細は、365/2手帳のブログをご覧ください。

 

セット内容

3652手帳 2012年版の写真

365/2手帳のセット内容は、以下のとおりです。

  • 手帳本体 2冊(1〜6月の手帳、7〜12月の手帳)
  • 手帳カバー
  • 着せ替え表紙(公式WEBサイト購入者限定プレゼント)
  • 小冊子
  • 365/2手帳 WEBサイトFacebookの紹介

小冊子

3652手帳 2012年版の写真

ヨコにもタテにも使える半年手帳ということで、どうやって使い始めれば良いのか迷ってしまうこともあると思います。しかし、365/2手帳には、365/2手帳の使用例の小冊子が着いているので、使い方で迷うことはありません。

手帳本体の外観

3652手帳 2012年版の写真

手帳本体は、手帳カバーに2冊の手帳がセットされています。

3652手帳 2012年版の写真 3652手帳 2012年版の写真

1〜6月の手帳と、7〜12月の手帳を向かい合わせるようにして、ビニール製の手帳カバーにセットされています。

手帳の中身

3652手帳 2012年版の写真

真っ白な手帳に、365/2手帳のロゴと2012の文字が書き込まれています。手帳の表紙には、かすかな凹凸があります。この凹凸によって、手帳本体の質感が向上しています。

3652手帳 2012年版の写真 3652手帳 2012年版の写真

手帳を開くと、ほんのりと茶色味がかった遊び紙が姿を現します。手帳の中身は、うっすらと黄色みがかった用紙が使われています。真っ白な表面から温かみのある中身への、心地良い移り変わりを楽しめます。

手帳の中身 – 書き込みカレンダー

3652手帳 2012年版の写真

書き込みカレンダーには、左側に2012年が書かれており、右側に2013年のカレンダーが書かれています。

手帳の中身 – マンスリー

3652手帳 2012年版の写真

マンスリーは、2011年12月〜2012年6月と、2012年6月〜2012年12月に別れています。

手帳をヨコに開くと、ガントチャートのようなマンスリー・ページが姿を現します。ページの中央部に薄いグレーの背景色が使われています。グレーの背景色を利用して、ヨコ書きとタテ書きを切り替えるような使い方もできます。

3652手帳 2012年版の写真

手帳をタテに開くと、壁掛けカレンダーのようなマンスリー・ページが姿を現します。

3652手帳 2012年版の写真

マンスリー・ページには2011年12月〜2012年6月と、2012年6月〜2012年12月の他に次の手帳とのつなぎのページがあります。それぞれ、2012年7月〜2012年12月、2013年1月〜2013年6月のページがあります。

通常のマンスリー・ページと違うのは、手帳をタテに開いて使う専用ページということと、2ページで2ヶ月分掲載されていることです。

手帳の中身 – ウィークリー

3652手帳 2012年版の写真

ウィークリー・ページは、2011年11月28日〜2012年7月1日と、2012年5月28日〜2013年1月6日に別れています。時間軸は8時〜23時まであります(数字が書かれているのは、9,12,15,18時)。手帳をヨコに開くと、バーチカルタイプの手帳のように使えます。

3652手帳 2012年版の写真

手帳をタテに開くと、ホリゾンタルタイプを変形させたような手帳として使えます。1日ごとのメモが多い場合は、手帳をタテにして使うと良いでしょう。

3652手帳 2012年版の写真 3652手帳 2012年版の写真

手帳をタテにして開いたときに、時刻を記入しやすいように「:」が書かれた記入欄があります。また、手帳の右上には、カレンダーが着いています。

3652手帳 2012年版の写真 3652手帳 2012年版の写真

手帳をヨコにして使うとバーチカルタイプになり、予定が多いときに使いやすくなります。手帳をタテにして使うとホリゾンタルのような手帳になり、メモが多いときに使いやすくなります。

予定が多い仕事の日はヨコにして使い、遊ぶことが多い休みの日はタテにして使うなど、その日の状況に応じてヨコとタテを使い分けられます。

手帳の中身 – メモ欄 & PERSONAL情報記入欄

3652手帳 2012年版の写真

メモ欄は、1〜6月の手帳が10ページ、7〜12月の手帳が8ページあります。ページ数はそれほど多くないので、半年を通して使用するような情報を、書いたり貼ったりすると良いでしょう。

3652手帳 2012年版の写真 3652手帳 2012年版の写真

PERSONAL情報記入欄は、手帳を縦に開いて記入します。手帳を落としてしまっても、手元に戻ってくるように連絡先を書いておくと良いでしょう。

手帳カバーのカスタマイズ

3652手帳 2012年版の写真

手帳カバーは、着せ替え表紙を使うことでカスタマイズすることが可能です。365/2手帳の公式WEBサイトで手帳を購入すると、着せ替え表紙が着いてきます。また、公式WEBサイトで着せ替え表紙の画像ファイルが公開されています。画像ファイルをダウンロードして印刷し、切り抜いて、着せ替え表紙を作ることもできます。

3652手帳 2012年版の写真

カスタマイズ方法は、着せ替え表紙を手帳カバーに入れるだけです。そのため、着せ替え表紙専用画像に限らず、好きな画像を印刷して、着せ替え表紙として使うこともできます。

365/2 note

3652 note 2012年版の写真

365/2 noteは、365/2手帳とセットで使うノートです。

3652 note 2012年版の写真

表紙は、365/2手帳と同じくシンプルです。

3652 note 2012年版の写真

遊び紙には、グリーンの他、レッド、ブラウン、ブルー、イエロー、グレーがあります。

3652 note 2012年版の写真

ページ数は64ページ。無地なので、メモを書いたりイラストを描いたり自由に使うことができます。180度に開く製本のため、快適に書き込むことができます。

3652 note 2012年版の写真

最後のページには、罫線が2本引かれています。ノートを落としてしまっても手元に戻ってくるように、連絡先を描いておくと良いでしょう。

365/2手帳は、生まれて3年目の手帳です。ヨコにもタテにも使える面白さと、手帳本体の着実な改善や、ノートの登場により、これからもユーザーが増えていきそうな楽しみな手帳です。

365/2手帳を探す→楽天市場公式 WEB SHOP

-手帳
-,

執筆者:

関連記事

ほぼ日手帳 2011 WEEKS の写真付きレビュー – ほぼ日のビジネス手帳

ほぼ日手帳 2011 WEEKSは、「ビジネスシーンをもっとたのしく 豊かにするために手帳にできることは 何だろう」という出発点から、「そもそも、現代のビジネスとは何だろう?」という問いかけを経て生ま …

ジブン手帳とIDEAノート活用術

ジブン手帳にセットされているIDEAノートを使うのが少し難しいと感じています。 いままでA6サイズの小さなノートを使ってきたため、IDEAノートは書き込む面積が広すぎて、どう書き始めようかと迷うことが …

モレスキン「伝説のノート」活用術(著:堀正岳、中牟田洋子)

モレスキン「伝説のノート」活用術(著:堀正岳、中牟田洋子)は、おそらく、日本で始めてのMOLESKINE専門書。 MOLESKINEの歴史や使い方、カスタマイズの仕方、相性の良い文房具などを紹介してお …

断捨離スケジュール帳2013の写真付きレビュー

やましたひでこさん監修の「断捨離スケジュール帳 2013」が発売されました。シンプルなデザインの手帳に、断捨離を実践するための記入欄や情報が掲載されています。 手帳の表紙 断捨離の手帳らしく、シンプル …

欧米では紙の手帳はほとんど使われないらしい

欧米では、手書きの手帳はほとんど使われていないようです。日経ビジネスAssocie 2013年11月号の「海外ビジネスパーソンの手帳事情(P.82)」にそのような記事が掲載されていました。 日経ビジネ …