文具レビュー

MONTBLANC 万年筆は、気持ちに余裕があるときに

投稿日:2012/12/25 更新日:

モンブラン モーツァルト万年筆 P114の写真

このところ気持ちに余裕がないような気がしていて、少し余裕を持とうと思いました。気持ちに余裕を持つために、今の生活について考えていたところ、「モンブラン モーツァルト万年筆 P114」で文字を書きたいという衝動に駆られました。

ひさしぶりに取り出した万年筆はインクが乾いており、すぐに文字を書けませんでした。そのため、ペン先を軽く水で濡らしてやったところ、さらさらとインクが出始めました。

水が混じったインクは薄く寂しげで、悲しい気持ちになってきました。水が混じったインクをキッチンペーパーにしばらく吸わせていると、本来の濃さの、力強いインクの色に戻ってゆきました。

ひさしぶりに万年筆で文字を書いていると、指先と手首に変な力が入っていることを感じました。筆圧を高めようとする人差し指の力と、筆圧を和らげようとする手首の力のせいで、文字がカクカクしてしまい、うまく書くことすらできませんでした。

しばらく文字を書くうちに、指先と手首から力が抜け、以前のように、さらさらと文字を書けるようになりました。

さらさらと文字を書けるようになると、心の中に溜まっていたいろいろなことが、溢れ出るように文字になり、紙の上に吐き出されてゆき、気持ちが軽くなってゆきました。

万年筆を使うには、キャップやペン軸をくるくる回してペンを出し、インクフローを感じながら軽い筆圧で文字を書く必要があります。そのため、ペンをノックして筆圧を気にせずいきなり書き出せるボールペンに比べて、気持ちに余裕が必要です。

このところ気持ちに余裕がなくて、万年筆を使って文字を書いていなかったこともあり、いろいろな思いが溜まっていたようです。

これからは、できれば毎日。できなくても週に1度は、気持ちに余裕をもたせるために、万年筆を手にして紙に向かう時間を持ちたいと思います。

関連記事

-文具レビュー
-

執筆者:

関連記事

登呂博物館オリジナル 測量野帳の写真付きレビュー

ずっと行きたいと思っていた、登呂遺跡に行ってきました。登呂遺跡は静岡県にある弥生時代の遺跡です。登呂遺跡にある、登呂博物館にはミュージアムショップが併設されており、黒曜石や小さな埴輪など、登呂遺跡に関 …

カクノ万年筆

ソフトウェア開発をしていて、すこし込み入った部分を作るときに設計のアイディアを書き留める事があります。 最近は、MONTBLANC P114万年筆にミッドナイトブルーのインク(一般的にはブルーブラック …

TOYOTA 86のペーパーウェイト

86の1ヶ月点検でディーラーに立ち寄った際に、ガラスの中にTOYOTA 86が刻まれたペーパーウェイトをいただきました。 TOYOTAが出した販促グッズのようです。そのため、実際の86とほとんど変わら …

万年筆を使って考える。落ち着いた気分に。

ひさしぶりに万年筆を使いたくなり、PILOT PRERA (パイロット プレラ)万年筆に、ブルーブラックのインクカートリッジを取り付けました。 このところ、ボールペンで言葉や図を書いたり、パソコンで文 …

情報カードの箱を使い始めました。

情報カードを整理するために、コレクトの情報カードボックス(CB-5302)を購入しました。木製で蓋無しのカードボックスです。 コレクト カードボックス 5×3 木製(Amazon.co.jp) 白っぽ …